新着Pick
609Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食品配送サービスに欠かせない配達パートナー。Uberは配送パートナー向けに、イベントを開いたり、サポートセンターを開設したり。さらに、障害保障プログラムも用意しています。

マッチングプラットフォームで利益を上げるには、できるだけ人を介さないこと。人を採用し、人を抱えるコストは思いのほか重い。これがUberのアキレス腱になっています。

エアビーは、同じマッチングプラットフォームでも、空き部屋という物理的なもの。その利用も短期。だから利益を上げられる。WeWorkはビジネス空間を自ら仕入れているためにコスト負担が大きく、長期利用者を確保しなければならないため、なかなか利益を上げられない。

プラットフォームは類似でも、利益が出るものと、赤字が増え続けるものとの差がようやく見えてきた。ゆえに、投資家の目が厳しくなっています。規模が小さい時には目立たない負債も、規模が拡大すればするほど目立ってきます。
飲食店側からすると、食材と人件費で60%前後のコストがかかる中、全てを代行できるとはいえUberへの手数料が35%程発生するのは厳しい所が多いです。少しでも売上を上げないと厳しい企業、もしくは35%を前提とした一拠点多ブランド展開の専門店でないと儲けるのは非常に難しいです。

ではUberが搾取しているか?と問われるとそんなことなく、今の東京の平均販売単価で考えると35%では全然足りなく、50%以上は本来必要になってきます。それが結果的に今の販売単価アップと配送手数料に繋がっている訳ですがそれがユーザーにとっての利便性はどうか?ともなります。

配送にかかる費用が圧倒的に下がる。もしくは平均販売単価をあげる。(対象を個人から法人の会議用など)などにガラッと変わらないと厳しい部分があるので結果的にドローン配送などへの期待が高い状況です。

ドローン活用は店→お客様ではなく一旦ポートに集約されてそこからマンパワーでお客様へ。と、ドローンと人間の両活用から進むと思われますが、そこへのアクセルの踏み方に期待してるところです。
シェアリングエコノミーの先頭を走るUber。ライドシェアだけでない未来への期待の変化が株価を左右しているのだと思ってます。

> 我々は競争を歓迎していますし、特に日本は食品配送プラットフォームの市場が成熟しきっていないこともあり、競争は今後数年間でさらに激しくなると思います。

世界の構造が変わっていくという壮大なストーリーの前では、彼らでさえまだまだ子ども。市場を創っていくという長い時間軸の中で、市場は一喜一憂しますが、事業面は着実に進めていくのだと信じたい。
本業のライドシェアは貢献利益ベースでは黒転している、というのは知らなかった。だとすればeatsに投資を続けるというのはありに見えます。
将来的に物流などをすべて担う野心があるとすれば、ライドシェアで車のドライバーを抑え、eatsでバイクや自転車のドライバーネットワークを抑えると、毛細血管のような物流網が完成するような気がして仮にそれを持てればかなり強いプラットフォームになりうる予感があります。もちろん、eatsのビジネスモデルがしっかりと成立する前提ですが
市場開拓のための費用でどのくらいコスト負担が出てるのかこの記事からはわかりませんが、それ以外だと配送コストをどう抑えるかにつきるということですね。だからドローンということになりますが、すぐに解決する方策にはならなさそう。
アメリカならともかく、雑居ビルの中にレストランが入っていることも多い日本で果たして現実的かと言われると?飛ばないで地面走るドローンの方がまだ現実的な気がする。。。ドローンポートまで料理を持ってきてくれるレストランなんてないでしょうし。
Uber Eatsの2019年7-9月期について、GMV36.6億ドル(YoY+77%)、売上6.5億ドル(YoY+64%、GMVに対して17.6%)、EBITDA-3.2億ドル。
一方、同じ四半期でデリバリープラットフォーム専業のGrubhubは、GMV14億ドル(YoY+15%)、売上3.2億ドル(YoY+30%、GMVに対して23%、ちなみに前年は20%)、EBITDA0.3億ドル。
同じデリバリーでも、Uber Eatsは成長に資金を投じまくっていて、またそのためにコミッション比率も低い。一方でGrubhubは収益性に重きを置いていて、戦略の違いが面白い。
もしUber EatsがGrubhubと同じ23%のコミッション率とすると、売上もEBITDAも約2億ドル増加する。それでもEBITDAで1億ドル以上の赤字ではあるが、そこが顧客獲得コストでざっくりかけている分とも言える。
成功するかは分からないが、一気に投資をしてGMVを上げることで、マーケットシェアを取る(すでに先行していたGrubhubの3倍以上になっている)。習慣化して「デリバリーならUber Eats」と想起される状態を作った時点で値上げもしていくだろうし、シェアを取っているから獲得コストをかけていく必要も減る。あとはその状態に向けていつまでどれくらい資金を投入していくかを自社でコントロールしている状態。
「マッチング・ビジネス」は、最終的には赤字になる運命のビジネスモデルなのです。

何故か?顧客は「最低しか払いたくない」、提供側は「一番高く売りたい」という条件なので、当然、価格はZOPA(Zone of Potential Agreement)の範囲で決まります。

始めた当初や、競合がいない場合には、利益を乗せられる価格帯になりますが、競争環境になった途端に、レッドオーシャン化します。

そうなると、他地域に展開するか、他業種に展開するかして、再度「初期の状態」を作らざるを得なくなります。

今、Uberがやっているのは、言わば、そういった「焼畑農法的事業拡大」です。

ただ、ビジネスモデルが同じなので、結果は、どこも同じになります。
Uber Eatsはどうなるでしょうね。中国では同じようなレストランの食事のデリバリーが発達しています。便利なのは間違いありません。
しかし、私もバイク便を経営している時にやってみましたが、利用する時間が集中するので難しかったです。人件費が高い国だと大変だと思います。
今後どうなるか気になります。
最近は頻繁にUber Eatsを見かけますが、ビジネス的にどうなんでしょうか?

Uber Eatsの配達員をやっても収入はたかが知れてるし、自転車とかへの投資・メンテナンスも必要。

しかも、あのでっかいリュックを背負って自転車に乗れば事故に遭いそうだし、最悪加害者になることも。

少し前のつけ麺事件みたいなのにも巻き込まれそうだし、雨の日は稼ぎ時だけど雨の日に自転車乗るのも面倒だし、、、

って全く利点がない。
出前の人間を水平分業させてサービス化したアイデアは素晴らしいですが。
てか成長、ユーザ拡大最優先のスタートアップ・新興企業に黒字求めてるのって素人だけだと思う。まあUberは上場したから既に回収フェーズと言えなくもないけど