新着Pick
424Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2013年にCIAが600億円の発注をIBMではなくAWSにしたのが歴史的転換点だった。当時IBMは政府に異議申し立てをしたが「AWSは1.5倍IBMより高いが、技術的にIBMより優れている」と会計検査院から驚きの報告書が出た。その頃AWSは大規模障害を出したばかりでIBMは反論するもその報告書には「NASAもAWSユーザだがその大規模障害で一切の被害はなかった。どんなクラウドもどんな自前データセンターも障害が発生する。十分なサービスレベルとなるように設計すればいいだけで、AWSがそれが簡単だし安い。」ときた。しかも当時IBMが対抗策として得意とした「プライベートクラウド」の戦いで。AWSはCIA向けに「プライベートだかパブリックだか知らんが、政府専用にその卓越した仕組みをCIA内に構築せよ」という案件だった。クラウドの事業部長をやっていた年だったのでこれは凄く覚えている。その頃からAWSの売上はもう10倍にもなっている。

国防総省はその頃からマイクロソフトが強く、牙城を守ったということだと思う。ただ、「インフラクラウド業界にコーラはあるがペプシはない」と言われていたその頃と比べると確実にマイクロソフトはペプシくらいにまではキャッチアップした。営業も技術も社風も大変な努力だったと思う。本来であればIBMやサンマイクロやHPという話なのに、マイクロソフトとアマゾンで戦うのが当たり前となるまでほんの数年(国防総省はグーグルも数十億円の契約をした)。マイクロソフトやアマゾンやグーグルの勝敗以前に、裏で苦しむ伝統的コンピュータ会社の苦悩が決定付けられた印象。

ただ日本ではこうした破壊的象徴的な変化がなかなか起こらない。だからこそ起こる時の凄まじさは、革命級だとも思う。
記事『マイクロソフト、米国防総省1.1兆円クラウド契約受注-アマゾン退け』読んだ!
> データ保護の強化と、米軍全体でのリアルタイム情報共有の迅速化を目指し
それでマイクロソフトのクラウド Azure (アジュール)が採用されたんだね!すごい!
巨額の軍事予算でイノベーションが起き、関連する省の研究開発予算等で民用への転用が進み、民間企業の商売へと広がって行くのが米国の常。回転ドアで民間から転じた役人が思い切って見込みのある技術に予算を付けて、やがて自分が民間に移って利用する。ダイナミックな米国ならではの動きです。終身雇用で減点主義の日本では、見込みのある技術であっても予算の配分を僅かばかり厚くするのが精々で、思い切った資金投入が出来ません。予算を切ったところから恨まれるし、集中投入に失敗したら自分の将来が危うくなって、成功しても大した手柄にはなりませんから。
今回は既に商用化されているクラウドへの資金投入ですが、これを取るか取らないかで将来の技術力は随分違ったものになりそうです。発注を巡って提訴が起きるのも分かるような気がします。アマゾンのCEOがオーナーを務めるワシントンポストがトランプ政権に批判的だから同社が落ちた、という話が本当なら、ヒューストン・ロケッツの経営幹部が香港の抗議デモを指示する投稿をネットに載せたことが原因でNBAのボイコットを指示した中国政府と五十歩百歩。それを批判する米国メディアの目にはとんでもないことと映るかも。この騒動、暫く尾を引くんじゃないのかな (@_@。
ここ数年間の間、GAFAとは一線を画する独自戦略で差別化してきたMicrosoftの戦略勝ちですね。

GAFAのように、プラットフォーム戦略で、自分が全てを握ることを狙うのに対して、Microsoftは、その真逆とも言える「プラットフォームはやらない」という路線でユーザーに寄り添ってきました。

政府のレベルになると、GAFAのプラットフォーム戦略は受け入れ難いので、当然、Microsoftに傾くわけです。

民間の市場、特にエンタープライズ系以外の市場はGAFAにとられても、エンタープライズ系と政府系を牛耳るというMicrosoftの「肉を切らせて骨を断つ」的な戦略は、すばらしいですね。
これは大逆転劇。世界初の時価総額2兆ドル企業はアマゾンかアルファベットと思っていたけど、意外にマイクロソフトが本命かもしれない
政府や軍が積極的にベンチャーの新しいテクノロジーを導入していくのが米国の強さ。日本との大きな違い。結果この規模のテクノロジーベンチャーが日本から出てないとも言えるけど >マイクロソフト、米国防総省1.1兆円クラウド契約受注-アマゾン退け
米国防総省はマイクロソフトと新たなクラウドサービスの契約を締結すると発表しました。契約額は1.1兆円とも。
アマゾンではなかった理由として、日経新聞によると「ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)がオーナーを務める米紙ワシントン・ポストがトランプ氏に批判的な論調を展開しているためとの見方もある」とも。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51439620W9A021C1MM0000/
AWSが競争入札に負けた。国防という観点から情報の機密性と安定性が焦点になったのかもしれません。

グーグルクラウドの名前がないのはどうしてでしょう。GAFAに対する懸念も影響していそうです。
総務調達経理を大企業で担当すると、法人営業でMSがいかに強いかがわかります。
かつては悪の帝国と呼ばれた独占企業だったMicrosoftが、創造的破壊をしてチャレンジャーとして有力になってるのが面白い。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
126 兆円

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
97.1 兆円

業績