新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
毎年10月に入るとノーベル賞が気になってくる。各新聞社も日本の方が受賞した時のインタビュー、記者会見などなど予測とその時にそなえた準備に抜かりないからね。

今年は第一日の化学賞から明るいニュースが出てよかった。吉野さんだ。民間企業での研究で活動されていた点もよかったし、記者会見でもそのお人柄がよくわかるような明るい、また本当にうれしそうに素直に喜んでお話しをされるところなども、皆さんに楽しそうな研究者、といった感じでよかった。

国民のお祝いの気分もいささか上がったねし、東レはいうまでもないことだが、毎日なじみのように使っているる便利な携帯電話に使っている電池の発明だしね。

この日経の記事は今年のノーベル化学賞のほかにも、科学分野の三部門についての受賞者の功績についてわかりやすい解説。

こういう記事はありがたい。何しろ日本人の受賞者のいない分野、つまり今年は物理と生命科学・医学の受賞では、なんとなく盛り上がらない、というかそうなるのおっ無理はないのだが。

多くの方々にとっては、科学への貢献をした方たちの背景、業績、その意義など、あまり読まれないかもしれないからね。

その点でこの記事は三つの科学省についての解説で、日本の主要新聞としてもよかった。