新着Pick
3Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
1992年に50代および60代だった米国人の富裕層は、2014年時点でもまだ4分の3が生存していました。 一方、貧困層の生存者は半分をわずかに上回る程度。 格差拡大は金持ちたちの寿命を延ばしたが、苦しい生活を余儀なくされている人たちの命を削ったのです。