新着Pick

武田薬、ロシア・中東資産の売却で合意近い

Bloomberg.com
武田薬品工業は、中東とアフリカ、ロシアの資産をプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社が出資する医薬品会社に売却することで合意に近づいている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたもので、債務削減のため約10億ドル(約1080億円)を調達するのに役立つ可能性がある。
3Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
武田の中東・ロシアの資産売却観測記事。非中核資産は可能な限り切り離し負債を削減するのは既定路線で、方向感としてはサプライズはないと思います。資産売却とリストラが済んで負債を削減したら、再び大型M&Aに向かうのだと思います。
債務削減のため約10億ドル(約1080億円)を調達するのに役立つ可能性がある、とのこと。
武田薬品工業株式会社(たけだやくひんこうぎょう、英文:Takeda Pharmaceutical Company Limited.)は、大阪府大阪市中央区と東京都中央区に本社を置く日本の製薬会社である。タケダ、Takeda、武田薬品とも略称される。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
6.67 兆円

業績