新着Pick

資産寿命、AIが「見える化」 三井住友銀行、12月導入へ

共同通信
資産寿命、AIが「見える化」 三井住友銀行が、蓄えが底を突く時期を示す「資産寿命」を人工知能(AI)が推計して「見える化」し、顧客...
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
AI使うまでないですね。大事なことは、おおらかででいいので、資産形成を始めること、続けること。そんなに難しく考える必要ありません。
推計しなくても本人からのインプットを元にExcelのモデルを回せば精緻な予想ができると思いますが。
AIによる「見える化」とExcelのモデルと何が違うのでしょうか知りたいです。

これに基づいて商品を販売した場合、AIというブラックボックスだと説明責任も果たせない気がします。
個人向け「超長期の資金繰り表」作成システム。

富裕層向け以外となると、自動化しないとコストが合いませんね。
金融機関がAIというと反射的に人員削減の伏線と思ってしまう。変な固定観念がついてしまった。
AIって言えばいいもんじゃないぞと。
2000万円問題で不安に思っている人が多いでしょうし試算してみたいという人もいらっしゃるのかなとも。
とはいえ、FPのライフプランニング表のようなツールは既に金融機関にもありますし、本件はどう違うのかなと。AIがどのように試算に影響してくるのでしょうか。
株式会社三井住友銀行(みついすみともぎんこう、英語表記:Sumitomo Mitsui Banking Corporation 略称:SMBC)は、本店を東京都千代田区に置く、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行。3大メガバンクの一角を占める。 ウィキペディア

業績