新着Pick
489Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
普段リモートでやり取りしてるメンバーがリアルで集まる日は、やっぱりなんかうれしくて、でも照れくさくて。

この日ばかりは、YouTubeとかで見る「なんらかの事情で離れていた飼い主に会った瞬間、一瞬戸惑うけど尻尾をぶん回して喜ぶお犬」の気持ちが分かる。
リモートで働く人たちと会うというイベント。オフィスでなく、海外で。これはうれしいでしょうね。イベントが待ち遠しく、ワクワクしそう。

その時大切な5か条が記されています。一番大切だと思うのは、優れたところを褒めあう事。そう思いました。
以前はメキシコやハワイなどリゾートでの大きな団体旅行は、インセンティブツアー(保険の外交員など、営業成績が高かった人向けのお祝い旅行)が多かったと思いますが、これからは、リモートワーカーのリトリートとしての需要も増えそうですね。本社はアメリカ、開発は東欧、事務はインドなど、時差を大きく跨いだリモートワークをする会社も増えてるので、合う時のワクワクドキドキは大きいでしょうね。とはいえ、VRが進化したら、リアルに会わなくてもいい気もしますが。。。
中長期の戦略を描く際に、あえてアクティビティを入れたり非日常を感じられる場所で開催するのは、効果的だろうなあと感じますが、化学的な根拠が記載されてるともっと腹落ちするだろうなと感じました。
ふぅ…読んでため息がでました…これがプロの記事かと…仲良しクラブの集会ではないよね?と思いませんか?

プロのみなさんであれば、以下のような感じではないと思います。

(以下、記事中から引用)
1. 戦略については語り合うが、実務は一切しない
2. コンフォートゾーンから少し踏み出して、新しい刺激的な場所に行く
3. ばかばかしくて面白くて、くだらなさに大笑いできるチームビルディングのアクティビティをする
4. 優れたところを褒め合う
5. 入念に計画を立て、必要に応じて修正する