新着Pick
479Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5Gはハイプサイクルにおいて過度な期待の頂点にいます。まもなく幻滅期。ということは普及まであと数年。
以前、夏野さんと話した時、5Gになったもスマホなんかではユーザーからすると別に今と何も変わった感じがしないと言ってました。速度が上がるので動画が屋外でもサクサク見られる程度。今のままだと通信料はとんでもないことになるけど。
例えとしてよく言われる、オリンピック競技をいろんな視点から見られるとかいうのも、そんなサービスがあればこそ。やろうとすればすごいコストがかかるのでどこがやるかというと、いつかはネット視聴でも受信料を獲りたいNHKくらいでしょう。
山間部など短い波長の電波が伝わりにくいところでは、もっと波長の長いV-Low(アナログテレビの跡地)やそのうちFMに移ってしまいそうなラジオのAMを活用したらどうでしょうか。
通信網の問題よりも、使う側としてはデータ通信量の方が心配。おそらく月30Gなんて柔な契約では10日も持たないだろう。

逆に言えば、キャリアにとって大きな収益チャンス。
格安組は、スマホを持つ意味がなくなるかも。
論点がみえない記事です。そもそも、「5G」を何に活用しようとしているのか?「山」の問題より、そちらの方が、よほど深刻です。
テクノロジーの革新にも注目ですが、それは適材適所ということがよくわかる記事。
5G の欠点は繋がらない事

4G 800MHz の最大到達距離は 5km

到達距離は周波数の2乗に反比例するので

5G 3.7GHz の最大到達距離は 5000*(0.8/3.7)^2 = 234m

4.5GHz は 158m
28GHz は 4m


一番いいのは VHF と UHF を全て通信に当てて UHF にも 5G を割り当てる事