新着Pick

中国、航空機や関連サービスに2.9兆ドル投資必要-ボーイングが試算

Bloomberg.com
中国は新たな航空機や地上サービスに今後20年間で2兆9000億ドル(約313兆円)の投資が必要になると、米航空機大手ボーイングが試算した。これは前年の推定を7%上回る規模。ボーイングは中間層の拡大やインフラ改善が航空需要を押し上げるとみる。
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国が今後さらに重要な航空機市場になることは必至だと思います。私はあいにくデータを持ち合わせていませんが、中国の内製がどの程度これをカバーするのかがボーイング・エアバスにとってとても重要だと思います。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア