新着Pick
369Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分たちのMMVミッション・ビジョン・バリューと言われるものを、文化レベルまで落とし込める→継続できる組織は強い。

サードプレイスのコンセプト実現のために、スタバの店舗空間の工夫ってここまでやっているのか、、と知り朝からスタバに行きたくなっている。

"そこで調度品から照明、音楽まで、店のデザインは顧客が心地よいと思えると同時に、ローカル性の高い空間を作ることを心がけています。
もう一つ、私たちが非常に意識しているのは時間帯です。早い段階から、午前、午後、夕方、それぞれについてBGMを変えるなど、時間帯による雰囲気作りを心がけてきました。"
スターバックスのあたたかみ。利益第一主義ではなく、価値観の共有があたたかみの源流ですね。今や中国に3200店舗。すごい勢いです。

中国で競合のラッキンコーヒーは2年で4500店をめざしています。安売りと宅配が強みですが、あたたかみは感じません。コミュニティという概念は、成功のカギだと思います。

スタバvsラッキン。はたして、どちらが中国市場で勝ち残るのでしょう。
たとえば「元〇〇(会社名)」というセルフブランディングをするとその当事者は叩かれやすいが、その会社からすれば過去から現在までの役職員にとって思わず会社名を出したくなるほど確立したブランドができている証拠として誇らしいことなのかもしれない。見方を変えればそういう側面もあるということ。
> 顧客と従業員の両方が誇りに思える会社にする
住んでいる地域には、場としては、スタバよりも作業をするにも居心地がいいカフェがいくつかあるのだが、スタバの方が混んでいる印象。面白いなーといつも思う。
個人的には、スタバのスタッフの皆さんの接客対応が好き。すいていたら、レジでいろいろ話かけてくれて好印象。
グローバルやローカルから、グローカルへ/ここ数年、スターバックス内部では、グローバルレベルでも、ローカルレベルでも、店舗のデザインを、その町や地域の文化や背景にあったものにするべきだという認識が高まり、そのための努力がなされてきました
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
11.0 兆円

業績