新着Pick
1361Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤフーにとって粗利率の高い自社の広告事業であればまだ売上ロイヤリティ3%でも全然良かったが、粗利率の低いコマース事業だと払うのが馬鹿らしいってのはわかる。改めてeコマース革命をやり抜く、という決意が今回の連結化なんだろうな。

それにしても今回のZOZO4000億円での連結化は、時価総額4200億円のメルカリにとって時価総額を上げる事をもっと意識していくようになるのかも。

【追加】
https://newspicks.com/news/4225830
paypayモールについては引き続きロイヤリティは発生するとのこと。
分かりやすいまとめ。ただ、前澤さんは本当は売りたくなかったと思う。最大9割近くの株担保で借金をしたところで、想定以上の株価の下落。そこに空売り勢に全力で売り攻勢をかけられて万策尽きたのだと思う。手元にある資産は美術品とか即時現金化は難しいものが中心だろうし。

更に、ムカつきまくる空売り勢に一泡吹かせたいという男の意地と、宇宙はキャンセルしたくないという男の意地も合わさっての今回の意思決定になったのだと思う。ロッカー魂ですね。

SoftBank、ヤフーからすると千載一遇のチャンスを手にした。コマース革命とPayの戦いにこれ以上ない武器を手に入れた。更に先日の融和的な会見はアスクルのドタバタ劇の印象をかなり薄めることになったし。
ZOZOが沿革や成長ヒストリーを語る時、前澤さんもその他の役員の方も必ずユナイテッドアローズの初期出店を話しに出してくださる。
根本的に前澤さんはじめ幹部の皆さんに共通して感じるのは、業務はデータドリブンでもパーソナリティ、コミュニケーションは義理人情に厚い浪花節的なところ。

特集インフォグラフィックにある通り、スタートトゥデイの歴史は山あり谷あり、トライエラーの連続。
それでも『浪花節だよ人生は〜細川たかし ver.〜』のように太鼓と三味線の軽快なリズムが似合う、それが私の感じたZOZOに関わる人達の印象、外から見た企業文化。

今回のYahoo!による買収、前澤さん退任が社内でどう受け止められているか推察の域を超えませんが、
浪花節はそのままに、Yahoo!とのタッグで爆のつく変革、爆のつく成長をされることが身を引いた創業者に対する恩返し。
日本のスタートアップ界隈は、2000億を自由に使える男が誕生したことにもっとビビらないといけないのでは?

株主総会も取締役会もいらない。たった一人で2000億の意思決定が可能な状況は今までにあったのだろうか?
とても分かりやすい記事。
買収劇の裏側で囁かれている株担保の影響は、Pickerの方々のコメントで知りました。

弊社も累計60社+を買収してきましたが、買収前の綿密なPMI計画が買収判断に大きな影響を与えています。

・カルチャーフィットしそうか?(最重要):顧客志向の度合い・マネジメントメンバーの価値観、会社としてのValues(行動スピード、失敗への許容、実行力、実現力)

・既存業務プロセスとの統合後の親和性は高いか?

・買収後のシナジーの実現性はどの程度か?

これらの調査に加え、PMI実行時の設計(現場での行動を喚起するインセンティブ制度も絡めて)と速やかな実行ができるかが買収成否を分けます。

つまり、言うまでもありませんが買収はPMIが全て。

Day30、Day100、Day100+と3つの時間軸に区切って、買収した会社の人とその方々の「心」を中心としたPMIを実行していくのがポイント。

買収事例の中にはたまに連結合算インパクト=シナジーというPL脳的なアプローチが見え隠れするものもある気がしています(今回のヤフー/Zozoのケースはしっかりとしたシナジーが見えます)。買収は、アセットを引き継ぐわけですから、かなりBS脳が重要になってきますね。
本日から緊急特集を始めます。前澤さんの知名度により、ZOZOが注目されていますが、 NewsPicksはYahoo!を主人公に組みました。

アスクルの件も含め、直近のYahoo!の動きは注目です。どんな企業にトランスフォームしたいのか、特集の中で紐解いていきます。
ECのマーケットっていうのは確かにM&Aで接続しやすいマーケットなんだろうな
アリババやWe Chatを見るとここにライドシェアや、民泊、トラベル、金融などのサービスが乗ってくる
ヤフーはPayPayを中心とするアプリによるポータル(玄関)を再構築しようとしてるように見える
ポータルは一度構築できれば長期に渡る収益を確保できる
それは過去のヤフーが証明済み

ポータルって要はスマホ立ち上げて最初に何見るか?って事なので、MAUではなくフリークエンシーとリーセンシーとDAUの勝負になる
そう考えると現在はLINEとGoogleがそのポジションに最も近い
FacebookやAmazon、Appleは別の方法でポータルを獲りに来ている
auも楽天も、そこのポジションをもちろん狙っている
docomoもピースは揃っているが、今の所そこまで戦略的な動きは見えてこない
メルカリやスマートニュースやTwitterは単独でこの山にぶつかって行くのか?
それともまた合従連衡が起きるのか?

IDとポータルが現代のネットビジネスの城と堀であり、全てのネットビジネスはこの問題に必ずぶち当たっていく
今週の特集は緊急特集「爆食Yahoo!」。本日より1週間にわたってZOZOの買収を決めたヤフーの未来を映し出していきます。
よくまとまったリポートだと思います。それはさておき、やはり私としてはメディアとしてのヤフーの戦略を聞いてみたいです。2017年までの10年間に、ヤフーは売り上げを6000億円伸ばし、新聞業界はそれとぴったり同額の6000億円の売り上げを減らしました。まさにマスメディアの活力を取り込んで成長してきた企業です。企業は社会的使命という柱がないといずれ行き詰まります。これまでのヤフーには、インターネット時代の新たな公共の場づくりという使命感がありました。それを失うことのないよう強く希望します。
なんでも飲み込んでしまうYahoo!の成長意欲。
「爆食」というか「ブラックホール」というか。
それを生み出す孫さんのプレッシャーと、ZOZO側の事情もシンプルにまとまっています。
さらにいえば、ZOZOがあそこまでの規模になっても、前澤さんが37%もの持ち株比率を保っていたということは、今回の買収劇にとっては大きなこと。
この連載について
ヤフーの爆食が止まらない。ファッションEC大手のZOZOに投じる金額は約4000億円。成立すれば、過去最大の買収だ。EC事業を屋台骨にしたいヤフーは、アマゾン、楽天という強敵に勝てるのか。決済サービスPayPayや傘下のアスクルなどと連携し、どんな企業を目指すのか。その未来図をレポートする。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
7,869 億円

業績

ヤフー株式会社(英称:Yahoo Japan Corporation)は、日本の企業。ソフトバンクグループの連結子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.60 兆円

業績