新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
死に対する畏怖と、故郷の土に戻りたいという死者の願い、死者を弔う親族近親者の愛情がないまぜとなって現代まで続いているのでしょう。内容は現代人にとってやや衝撃的(特に棺割りのところ)なものですが、なぜか魅かれてしまいます。こうした弔いの形を見ると、現代の葬儀がやや形式的に見えてしまいます。