新着Pick
106Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中国がデジタル通貨の牽引役になるのは、間違いないなさそう

1) 経済規模は世界二位
2) デジタル決済では先進国
3) 一党独裁のため大掛かりな政策や実験を果断かつ迅速に実行可能
4) もともと仮想通貨大国だったので国としてブロックチェーン技術の蓄積がある
5) テンセントやアリババやGAFAに肩を並べるテック企業か参加

もし、中国国内で実証されれば国際的な普及もありうる
6) 世界の輸出の13%が中国
7) 世界中で買収や投資を進めるチャイナマネー
8) 世界で活躍する中国企業と中国人
→ 中国と取引しない国や企業はほぼない

こういう環境を踏まえ、G7や日本はどうしていくべきなのか?
デジタル化した所で、為替を自由化しない限りは基軸通貨にはなり得ない。そして例え自由化しても、人民元決済が受け入れられるかは一切不明。現在、中国の輸出入取引で人民元で決済されている金額はほぼゼロ。一帯一路の投融資ですら米ドルで行われているのが実態だ。
元をデジタル化したら、中国国内は利便性が上がることは想像出来ますが、事実上中国政府により為替レートが管理されている元のままであれば、国際通貨への道のりは遠いのではないでしょうか?
中国が11月11日に独自のデジタル通貨を発行すると報じられました。
【中国人民銀、デジタル通貨の発行準備 現金の代替狙う】
https://newspicks.com/news/4142838

国家が信用を担保することはビットコインなどの仮想通貨は異なり、現金の代わりとして流通することになります。予定通り11月11日に発行できるのか。人民元に対する世界の見方に変化はあるのか。引き続き気になるところ。
アメリカが世界の覇権をもっているのはドルがあるからです。アメリカの次を狙っている中国はどうしても人民元を育てなくてはなりません。
デジタル人民元は本気でしょうね。国を挙げて普及させていくと思うので他のデジタル通貨にとって強敵だと思います。