新着Pick
261Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
年初まで7年間英語圏で仕事していました。

イギリス人は良く遠回しな発言をするのですが、実は日本人がそれを真似すると逆に話が通じていないこともあり得るので、あまり遠回しにいうことを意識しすぎない方が良いと思います。
特にビジネスでは。

記事に出てくるI don’t knowの代わりにはYa, I can check という人はよく見た事があります。(実際に本当にチェックする人は少ないかもしれません)

聞き取れなかった場合は、sorryだけよりはsay it again?という人がいます。命令形ですが、ネイティブの人はよく使っていて失礼ではないです。

後は、簡単な表現で使えるのが、Would you agree? とか聞かれた後のYes and No。これは相手の発言に賛成できる部分はゼロじゃないけど、反対しておきたい時に使って、何に賛成していて何に反対するのかを明確にする際の枕詞。思慮深くゆっくり言うのがポイント

基本は発言の中身です。中身が「Make sense」すればあまり小手先の表現は気にし過ぎない方が良いでしょう。
日常生活で話す場面では問題のない英語でも、ビジネスシーンで使うには、「完全にアウト!」になるときがあります。

ビジネス英語では、「話せない」こととは別に、日常会話レベルの英語をそのまま使うことで、ビジネスで損をしている場合があります。

ネイティブは非ネイティブに対し、
英語ができないからと排除するようなことはしません。

ただ、残念な英語を使っていることで、
印象を悪くしているのは事実です。

英語で困ったり、恥をかいた経験を持つ、すべての方へ本書がお役にたてることを願っています!

STAY GOLD!!
英語で苦労した自身の経験では、ビジネス英語については、ガチンコで外国人と勝負しなければいけない職業の場合と、グローバル企業などで同僚とチームワークで働く場合の二通りがあるような気がします。
前者は英語のレベルが直接的にパフォーマンスに直結しますが、後者の場合は、まずは質はともかくまずは話す努力をすれ徐々に進歩していきます。

英語が苦手な人にいきなり前者を要求しても難しい。
まずは、何でもいいから話すことから始めましょう。
シリコンバレーで2年働いていますが、ここに書かれているような「テクニック」より、自分の「想いの強さ」の方が、はるかに重要です。

例えば、次の2人の人がいたら、あなたは、どちらの人を仕事しますか?

1.この本に書かれているような、スマートな英語だが、熱意がなさそうな人
2.英語は下手だが、一生懸命で熱く語る人

多くの人は、後者ですよね。米国でも、それは同じです。

日本人は、英語に対して、いろいろとコンプレックスを持っていますが、英語はあくまで「手段」なので、それよりも「中身」の方がよほど大事です。

勿論、「もう中身は十分なので、英語を強化したい」という方は、この手の本で学ぶことは意味があると思います。

しかし、多くの方々は、「英語より中身(伝えるべきこと)」を重視された方が、より効果的だと感じます。

本当の「英語で仕事するプロ」の方々は、「ネイティブ英語」に関しては、語らないと思います。
ほい、買います〜。英語勉強するぞ。

海外にいるからと言って英語が上手くなるわけでは無いので頑張ります。
また自称「英語プロ」による「その英語ネイティブには…」クリエイトか…。

ビジネスシーンでアウトなのは伝わらないこと、反対で伝わることです。本記事のように細かいこと気にする暇あったら、内容部分にあたる専門性を高めたほうが絶対良いです。経験上、ネイティブも、相手が非ネイティブの場合、そこまで厳密なレベルは求めてきません