新着Pick
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事にはとても納得感があります。
僕はそもそも「日本はキャッシュレス比率が低い」という論調に疑問を感じていました。

文中にもありますように、日本で広く普及している銀行自動振込みはまぎれもなくキャッシュレスですし、現金を使わないというだけなら、スイカもパスモも該当しそうです。

日本の場合は、社会のキャッシュレス化の最大の目的は、現金取扱コストの削減だと思うので、今みたいに何とかpayを必死で普及させるより、交通カードのセキュリティ強化、クレジットカード処理の迅速化の方が、追加でかかる社会コストは低いのではないでしょうか?

中国のキャッシュレスは、何と言ってもアリババ、テンセントなどITジャイアントの消費者データ支配野望が推進力でしたし、高額紙幣の発行コスト削減、偽札対策、リアル店舗の支払いサービスレベルの低さなども相まったため爆発的に普及したのであって、日本と比較しても意味がありませんね。

日本は、訪日客のためにwechatペイやアリペイを使えるようにするだけで十分なのではないでしょうか。
口座振替など銀行振込をキャッシュレスに含める、というのは苦しいと思いますね。
数字はウソをつかないが、噓つきは数字を使う。
ヨソウハウソヨ
どれが正しい、ということはない気がするのですが、こういうデータの見方もあるのかという意味で面白く拝読しました。