新着Pick
69Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
あれ!?アマゾン川周辺は燃えてませんね。ブラジルの地理を勉強してないのか?

なお、この記事の写真の元データはこれ。
https://earthobservatory.nasa.gov/global-maps/MOD14A1_M_FIRE

2000年以降の火事の衛星画像の連続写真がありますので見てみて下さい。毎年同じところが燃えてるでしょう?

燃えているのはセラード地帯から南東部温帯地帯に広がる牧場地帯。牧場は実はブラジルの農地面積の4分の3を占めます。

乾季(7月以降)のうちに火を放って枯れ草燃やして新芽を出させる準備をします。時折、延焼して制御できなくなりますので毎年こういう事例がニュースになってます。でも10月になると雨が降り、火事は止まります。そして新芽が出て翌年もそこで牛が草を喰むってわけです。

上記の衛星画像を連続してみると毎年同じ場所が点いたり消えたりしているように見えるのはそのためです。

ただ個人的に、こういう昔からのやり方では温暖化に悪影響与えるので、火を放たなくても済むよう、何らかの技術やノウハウが開発され、牧場主達に浸透すればと思っています。

延焼食い止めるための消火ドローンってまだ無いようですね。日本のスタートアップが何か出来そうな気がするのですが・・・

なお、熱帯雨林で火事が止まらなくなるケースも多いです。違法伐採業者の仕業。専門家によると、売れそうな木を切って森林がスカスカになり、風通しが良くなって森林が乾燥してしまう。荒地になったところでその後の侵入者が火を放って残りの木を焼き払い、そのあと大豆などで土壌変えて高く売るということです。

この辺の取り締まりはボルソナロ大統領も元々厳しくすると言ってましたが・・・彼の感情に任せたエキセントリックな言動のせいで農業面でライバルのフランスやメディアにいいようにやられて・・大統領の行動としてはいかがなものか思ってしまいます。

ファクトフルネス!
アマゾンよりアンゴラやコンゴの森林火災の方が大変という

‪Brazil is actually third in the world in wildfires over the last 48 hours https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-08-23/more-fires-now-burning-in-angola-congo-than-amazon-maps
昨年、カリフォルニアで発生した大規模な山火事も、多くの犠牲者と大きな被害がありましたが、今燃えているアマゾンの森林火災は、それとも規模が違います。

これだけ大きなニュースが、何故、日本のメディアでは、ほとんど報道されていないのか?不思議です。

この記事にもあるように、地球全体の気候変動にも影響があるかもしれないことであり、全世界が一丸となり取り組むべきことです。

もちろん、一個人でできることは限定的ではありますが、まずは「知る」ことが、アクションを起こすための第一歩です。

NewsPicksでは、世界で起こっていることに目を向けられるように記事を展開できればと思います。
ブラジルの友達に連絡したら毎年燃えてるよ、乾季だぞ。と言われました。毎年こんな燃えてるのか。
悲しい事です。
これは、地球の災難なのですが、ブラジル政府が有効な対策を採れず(採らず?)、先進国からの支援も受け入れない、というのは悲劇です。
もどかしい。
まさに国際的危機
G7支援、デュカプリオの支援がきちんと
消火に進んでま欲しいです。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。Google、アップル、マイクロソフト、Facebookと並ぶアメリカの情報技術産業のビッグファイブの一つである。 ウィキペディア
時価総額
187 兆円

業績