新着Pick
287Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
筆者の論点は分かりやすいですが、実際に起きていることは、顧客層のニッチ化、テクノロジーの日進月歩の成長、環境の劇的変化などにいかに素早く課題解決し続けるかなのだと思います。

正解の受け入れゾーンや継続できる期間がぎゅっと縮まっている今、課題解決が必要ないのではなく、常に新たな課題解決へとチューニングできるアジリティを鍛えることが大切なのかと。変化に対応できないのが一番の危険性なのかと。
「希少性」により価値があるというのは本当にそう思います。グッズでもカードゲームでもそうですが、レアアイテムの方がグンと価値は上がります。それは多くの人が分かっていることですが、自分自身をレア化するわけではない。時代の流れを読んでいち早く行動をする「こんまりさん」や、強みのかけ算でキャリアをつくる藤原さんのお話などレア化するヒントはたくさんあります。キャリアにはレアの波が押し寄せてくると考えています。

以下引用
“今一番、注目されているグローバルな日本人が、モノを増やすのではなく、減らすことで世界的に高い評価を得ていることは、まさに昭和の価値観の終焉を表していると思います”
「理性やサイエンス」と、対極にある「感性やアート」を上手にバランスさせる事が重要だ、ということなのでしょうね。
山口:では、一方で何が希少になっているかというと、情緒とかロマンといったものです。今都心の家を売って、鎌倉とか葉山とか軽井沢に住居を移す人か増えています。別に都心が高くて住めないという理由ではなく、わざわざ不便さを買っている人たちです。
それは贅沢を求める人が増えている、ということでしょう。

『わざわざ「不便さを買う人」が増えている』