新着Pick
2215Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アプリをダウンロードして試してみました。

日常的にビジネス英語に接していますが、ビジネス英語コースが各状況に応じたものなので実践的で良さそうだと思いました。
点数も上がりそうだと思いましたが、(TOEICの点数自体が目的ではないはずなので)こういう実践的な会話の練習は実社会でも役立ちそうですね。
繰り返すことで、いざそのシチュエーションになった時にスラスラ言えそうですし、実践で使えると忘れにくいですよね。
使われている動画やイメージもシンプルで親しみやすいものでした。
取材をしていて、一番「ほほう!」と思ったのが、サボりはじめて3日以内の学習再開の重要性です。
要は、1日、2日のサボりは大丈夫でも、3日以上サボりが続くと、学習が再開される確率がガクンと減るから、プッシュ通知等で1分でもアプリに触れるきっかけを作って、「続けられない人」をなくす……という話なのですが、これは本当にそう!
英語学習の経験ではありませんが、ダイエット目的で炭水化物オフしていたとき、3日続けて会食が入ってしまい、「もうどうでもいいや……」と、なし崩し的にやめてしまった覚えがあります。
私のように「続けられない人」のデータがスタディサプリ時代から蓄積されているのだとしたら、サービスとして非常に心強いですよね。
実際にサービスを利用された方がいれば、ぜひコメントください。
英語の学習は続けてなんぼです。スタディサプリEnglishの良いところは続けられる仕組みがあることだと思います。
英語の学習はダイエットに似ていると思います。1週間で痩せるとか、1週間で話せるようになるとかはありえません。コツコツと続けるしかないのです。その少しずつの積み重ねが見えるのが良いですね。
また、新しくスタートしたスタディサプリEnglishビジネスはオンライン英会話で復習できるようになっています。半年以上かけて先生のトレーニングをしてきました。ぜひ試してみてください。
アプリで学習したことをオンラインの先生に使ってみると、モチベーションがあがると思います。
「ビジネス」試してます。レベルが選択できるのはかなり良いです。
多くの教材は初心者に寄りすぎていたり不自然なシーンが多々あるが、チャレンジ感がある。

忙しいとついアプリの存在自体忘れがちになるので私は習慣化がカギ。
仕事や趣味の都合で英語、イタリア語、スペイン語、インドネシア語、ロシア語を過去に学習しました。最近エストニア語を学習中です。今までに学習した言語と類似性はほぼゼロなので文法も語彙もなかなかしんどいです。単語カードを小分けにして持ち歩き隙間時間に見直しています。勉強場所はトイレ、空港ボーディング待ちなど。週に一度必ず全単語カードを見直すことが非常に重要です。カバーした単語は1200程度になりました。語彙が多い言語なのでまだまだ先は長いです。首都タリンではエストニア語を使っても99%以上の確率で英語で応対されてしまいます。北欧では英語で対応される確率が非常に高いですがタリンはその中でも突出して高いです。学習環境は世界一悪いとも言えます。さーこれからどうなるか。ちゃんと試験に合格できるのか。
TOEICは英語学習で便利。
なぜかというとTOEIC自体は直接英会話ができなくてもテクで900取れる欠陥試験。それだけに周りから勝手に「英語が喋れるお方」とチヤホヤ・期待される空気で学者モチベ高めたり、英語系の実務を振られる確率が上がるため

そもそも自動翻訳ができたり、意識高い20代は殆ど英語喋れるので、TOEICが過大評価されてる今が最後のチャンスかと
これが「本格的な英語学習のスタート地点に立つことだ」。そういう建て付けならばとても素晴らしいです。厳しい言い方となりますが840点レベル(到達点)ではビジネスの場面では大きな支障が伴うはずです(まず使いものにならない)。

会社などで若者からよく「どうすれば英語ができるようになりますか」という質問をもらうんです。わたしの答えは愛想も素っ気もないもんなんですよ。たとえばスポーツでも武術でも楽器でも何でもいいんですけど「どうしたら●●がじょうずにできるようになりますか?」って初学者から聞かれたら皆さんは何と答えます?

スポーツでも武術でも楽器でも答えは決まっているでしょう?英語学習についてのわたしの答えも同じです。英語学習についてだけ「その例外」なんてことはありません。正直に告白いたしますがわたしなんていったいいくら金を使ったかわかりませんよ。トホホ。
誤解を招きそうなのは「TOEIC」と「ビジネス英語」の関係です。
私は、そのふたつは、ほとんど関連していないと考えています。

「TOEIC」は、文法的な正しさがメインです。つまり「英語の文章として正しいか?」を問うものです。

対して「ビジネス英語」は、メッセージがメインです。つまり「論理的、構造的になっていて、そこにメッセージはあるか?」です。

「TOEICが555点から840点」というのは、英語の基礎力としては、すばらしいですが、それがビジネス英語の力という理解は、どうかと思います。

別記事へのコメントでも書きましたが、「TOEIC900点でも、全くビジネスでは通用しない人もいる反面、TOEIC500点でも、熱意と情熱で、英語のスキル分を補って余りある人もいる」ということです。

個人的には、600点ぐらいが、しきい値で、そのくらいのスキルレベルがあれば、あとは、TOEICでの点数向上よりも、論理力や構造化のスキルを日本語で磨くことが、最終的には、ビジネス英語力の向上につながると考えます。
何度も挫折した身としては興味がある内容。続かない人が続かなくなるどこかのタイミングがあるわけで、その手前にリマインド機能を置くのはシンプルだけど効果がある。あとはコミットメント。英語が使えないと日常的に困るのかどうか。人間、困らないとなかなかコミットしないもので…。
英語学習いろいろやってるけど、これもやってみようかなあ。。。
この連載について
大学受験と小・中学生の日々の学習を支えるオンライン予備校「スタディサプリ」、社会人の英語学習を応援する「スタディサプリENGLISH」に関する情報をお伝えしていきます。
株式会社リクルートホールディングス(英語: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進などのサービスを手掛けるリクルートグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
6.75 兆円

業績