新着Pick
62Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドイチェのIBDはほぼ日本撤退。

UBSでよくIBDと協働していたウェルスマネジメント事業は、カーブアウトされて三井住友信託銀行とのJV化。残るIBDは日本市場であまり存在感はありません。

結局、日系証券会社と、米系のトップファームのみが生き残りそうなのが日本のIBDマーケットです。
ドイツ銀行に次ぐいて、UBSも投資銀行部門の削減ですか・・・。

そもそも、M&Aひとつ例に取ってみても、「お買い得」は滅多に出てきません。
今まで、多くの企業が高額な手数料で高い買い物をしてきました。

企業がそれに気づいたことが、投資銀行部門の縮小や撤退につながっているのでしょうか?

それとも、強欲な米国投資銀行との競争に疲れた?
UBSも投資銀行部門の人員削減とのこと。投資銀行ビジネスは各社岐路にたっていますね。
極端な金融緩和で世界中で有り余る投資資金が多くの銀行の投資銀行部門を不安定にする皮肉・・・ (・。・;)
UBSの投資銀行部門で数百人規模の人員削減を可能性があるとのこと。
「同部門の業績はここ1年間、不安定に推移している」
景気が上昇している時は投資銀行の人員を大量にとるので、欧州の金融機関の厳しさのバロメーターになりますね。