新着Pick
560Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
考えるためには、頭の中に情報が入っていることが大前提です。

何も入ってない状態で考えることなどできません。

新しいアイディアは、既存のアイディアの組み合わせだというのは周知の事実。
吉田松陰もモーツアルトも詰め込み教育を受けました。

個人的には、吸収できる時期にどんどん吸収する機会を与えてこそ、それを前提にした「主体性」が生まれるものと信じています。
生徒には一人ひとり特性があるから、画一的な教育には限界がある。生徒たちの主体性を育てるためには、それぞれの特性に合わせた指導・サポートが必要。そのための象徴的な取り組みとして「宿題廃止」「定期テスト廃止」「クラス担任制廃止」などがあるとのこと。この学校を卒業した生徒たちの「その後」もぜひ追跡取材してほしい
「自分の頭で考える大人」

子どもにばかり期待しないで、先生や親、大人たちが当事者意識を持って考える。

本来の目的「自分の頭で考える子」に育つためにできることを、あらゆる視点から考えるべきです。

大人も子どもと共に、自らの主体性を育てたいですね。
先生も生徒も「主体性」「自主性」が重要!
決められた学習を計画的に作業としてこなすのではなく、どうしたらわからないがわかるに変わるのかを個人ごとにサポート。
画一じゃない教育は大賛成で個人に合わせた強みを活かすサポートをしたいものです。
みんなが同じ教育を受ける無駄を排除して、それぞれが主体性を持ち学ぶ仕組みを作っている。
-宿題やめる
-定期テストやめる
理にかなっているなー。
こうゆう学校が増えていってほしい!単元で分けて小テストをして、再テストも可にする。あらゆる組織での研修など何かに応用出来そう。。う~む。。