新着Pick
221Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
食品メーカーでの展開はインパクトありますね。また何よりこのタイミングで他社よりも先駆けてやれたのは、良い意味でのリリース効果もありますね。
どこか大手一社が取り組めば、他社も追従せざるを得なくなると思うので、素晴らしい取り組みだと思います。
2022年には、個別包装も紙パッケージになるそうです。

企業の方とお話ししていると、環境経営は、いつからコストではなく投資またはリターンを得られるようになるのかと、よく聞かれます。
そうやってお見合いしていると、まったく環境経営の話は進まないので、ネスレのように先陣を切ってくれる企業は、かかるコスト以上の評価を得ていると思います。
プラの包装は分別すればリサイクル余地あり、紙のパッケージはほぼ確実に燃えるゴミ行き、な気がしますが…紙のリサイクルってせいぜい新聞、雑誌、コピー用紙、段ボールくらいのくくりで、その他雑多なものは燃えるゴミですよね、大抵。
(まあ我が大田区はプラも燃えるゴミなのでリサイクル性ゼロ、ですが。。)

そもそも、脱プラって何が目的何でしたっけ…

・絶対量(原料≒原油使用量?)の削減?(精製・分離のプロセス考量するとプラだけ減らしても意味ない?)
・エネルギーコストの削減?(だとすると紙の方がエコだという説明が必要?)
・海洋ゴミ等環境流出の削減?(だとすると使用以上に回収の問題?)

…あまりにも話が単純化・象徴化されていて、だんだん、話が分からなくなってきますね。。
プラごみの処理の観点では国内滞留があるため、使用の削減は良い方向かと思います。
海洋ごみの観点では目につきやすいところからの取組も大事ですが、流出量の多いものの特定が効果的な対策を取るためには必要でしょう。

生活水準が異なる国がある中で世界的な課題に取り組む際、使用禁止による「プラスチックを使わないリスク」を考えることも大切です。
プラ製品に慣れすぎて、紙の袋がイメージできないです。どんな感じなのか見てみたいです。ちなみに中の袋は「中の袋も紙製にするとウェハースのサクサク感を損なうということでこれまで通りプラスチック製」とのこと。
ネスレ、流石だなあという印象。期待を裏切らない。