新着Pick
434Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
良記事。英国内のAmazonプライム会員はPLを追加料金なしで年間20試合を視聴できる、には驚きました。イギリスだとケーブルのSky TV(割と高い)に入っていないと観られないゲームが多いため、土日はパブでお目当てのゲームを観る労働者階級がほとんど。酔っ払いのオッさんたちに混じって観るのは勘弁してほしいという、ミレニアルでデジタルネイティブでサッカーファンには朗報でしょう。私個人、オッさんたちとワイワイ観るのも楽しい派なんですけどね。

究極のところ、世の中がこれだけシェアリングエコノミー化している中で、映像コンテンツ等についてもその流れは無視できず、権利を独占保有して有料テレビ局の価値を高めるという発想自体が前時代的という指摘には頷けます。私は作る側でもあるので、お金とってきて欲しいと思うと同時により多くの人に観てほしいという気持ちもないわけではない。境界線をどこに引くかは今後の課題でしょう。音楽については、GA がうまいことやってますね。

“東南アジア(タイ、ベトナム、ラオス、カンボジア)における英PL(2019/20-2021/22シーズン)とFacebookの放映権契約は土壇場で破談” この理由は気になるところです。
放映権周りの特に欧州サッカー業界のファクトを中心とした良記事。

ここで触れられているD2Cへの流れは、購読者料確保/外部流出減という放映権の話だけでなく、チケッティングやマーチャンダイジングへの送客、更にはスポーツベッティングプラットフォームの覇権争いが激化する米国において大きな意味合いがあろうかと思います。

例えば、最近NBA League Passではリアルタイムスタッツ連携(選手のコート上での位置情報と連携してショット成功確率が表示されるなど)のベータ版がリリースされたりと、ライブ映像を流す以上の付加価値工場に向けた取り組みが進んでいます。一方で、海外ではTencentやRakutenTVを含むOTTプラットフォーマーとの連携が進んでいる流れもあります。

今後自社DTC or OTT PF提携のどちらが主流となって行くのか楽しみです。
GAFAの放映権ビジネスへの参入によるビジネモデルの変化の兆しを分かりやすく解説してくれています。
映像自体を売るビジネスから、映像を利用した価値創造ビジネスへの変化の予兆が感じられる内容です。
Jリーグの戦略は正しいですし、インバウンド始め他の分野への波及効果も期待できますね。野球界もサッカーを見習ってくれると良いのですが。
今後はグローバルの権利をどうするのかが議論になっていくでしょう。
アマゾンのサッカー参戦はイギリス国内だけだけど、それを広げられるかどうか。
そこは競争になるのか、協力になるのか。
アマゾンの進出の勢いは増すばかり。