新着Pick
129Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
実際にこのファスナーがついた衣服も見てみたいですね!工数削減&デザイン的な一体感も増したり、着心地も良くなれば言うことなしですね。テープ付きの方は高級品になるかも。

ジッパー世界市場シェア40%のYKKですが、中国メーカーの凄まじい追い上げに対して絶え間ない技術開発に挑んでいて素晴らしいですね。こちらの記事も改めて勉強になりました。
https://www.newsweekjapan.jp/amp/nippon/season2/2019/04/238912.php?page=1
すごい!
これ以上ないほど洗練されたと思われていたものにも常に進化がある。

人のクリエイティビティに制約はない。

エアークローゼットも持続的な改善ができるチームでありたい。
ファスナー自体を繋ぐ素材との強度次第では、アパレル以外の利用へ可能性が広がると思います。

テープでは、どうしても強度に不安がありますからね。

たかがファスナー。されどファスナー。自動運転車の出入口がファスナーになる、そんな未来があるかもしれませんね。
中学生のときに、工業用ミシンを買って、縫製作業のアルバイトしていたことがあるので、縫製に関しては、結構うるさいです(笑)。ファスナーの取り付けもたくさんやっていました。

YKKは、世界シェア40%を誇る世界No.1メーカーで、最近も「click-TRAK」という新しい商品を発表したばかりですね。このファスナーも良いですね。テープ部分がなくなることで、デザインの幅が一気に広がります。専用ミシンが必要というマイナス面があり、一般の方が使えませんが、この専用ミシンを貸し出すというビジネスを展開するというのは素晴らしいですね。このファスナーが、より多くの衣服やカバンなどに早く使われて欲しいですね。
テープがあるとそこだけ記事の厚みが増えて硬くなりそうだから、それが不要となると動きの多いスポーツウェアにも良さそうな技術
YKKは、国内市場の実に95%、世界でも45%のシェアを誇る。世界2位、3位のシェアはわずか7~8%ということなので、2年以上の開発期間とコストを投じる必要性があるのか。

不思議に思って企業サイトを見た瞬間、腹落ちしました。
経営理念は「更なるコーポレートバリューを目指して」。

儲かるかどうかではなく、なぜ開発するのか、理念ビジョンに合致しているのか。それこそが、企業の魂なのだ。

企業の魂を存分に感じながら、ファスナーを実装した服を着てみたいと思いました。
職業ミシンの重鎮「JUKI」とファスナーの「YKK」この二つがタッグを組めば自ずからそうなるよなと思います!テープのないファスナー、すごいなぁ。
地味だけど、すごい改善!!
面白い!でも動画があったらもっとわかりやすいだろうな。
ブチャラティに近づける!
YKK株式会社(ワイケイケイ、YKK Corporation)は、東京都千代田区に本社を置く、日本の大手非鉄金属メーカーである。またYKK APは同社グループの建材部門である。 ウィキペディア
JUKI株式会社(ジューキ、英称:JUKI CORPORATION)は、東京都多摩市に本社を置く日本の製造業である。 ウィキペディア
時価総額
279 億円

業績