新着Pick
277Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドン・キホーテの既存店売上高は1.2%増加しており、ユニー完全子会社化の影響を除いても伸びているとのこと。インバウンドの影響が大きそうですが、それができるのも店頭の力の強さのおかげと思います。

ドン・キホーテは店舗での購入体験を追求しており、ECからは撤退、デジタルはあくまで店舗の力を上げる手段と割り切る方針を出していました。↓の記事ではデジタル実験店について言及されていましたが、その後どうなったのかな。
https://newspicks.com/news/3258277/

ドン・キホーテの方針を見ていると、テクノロジーで店を楽しく・便利にするという発想で、効率化を図ろうとしがちな国内小売の中で特徴的だと思います。どちらかと言うと中国のニューリテールに近い発想に見えます。
ドンキの売り上げ比率の10パーセントが訪日外国人。調子の良さそうな店舗はほぼ全てインバウンドを受け入れやすい立地。それでも出店の高速PDCAは凄まじく、住宅地よ世田谷にこないだできた大型店舗、これもダメだとわかるや一瞬にして閉店。出店とMDの高速回転ができるのは、自社運営店舗だからだし、場合によっては自社不動産だからダメならさっさと閉めて不動産業やればいい。そんなPDCAを回しやすい環境を作り込んでいるのが凄いのよ、この会社。
ドン・キホーテの躍進は、従業員のエンパワーメント。
各店舗の店長、売り場責任者に、権限と責任を与えているのが、強さの源泉です。
バイイングは、集中購買でなく、各店発注。
渥美俊一先生でなく船井幸雄さんの考えのような、個店主義がすごいのです。
過去記事転記
https://newspicks.com/news/3238125?ref=user_527032

ドン・キホーテの強さは内部で徹底的に競争させることだよ。厳しさがまるで違う。
役員と夜会食したときに遅くなったからタクシー券渡したんだけど、終電で帰ることができました、って後日戻してきたよ。東証一部の役員だよ?しかも平取じゃないし。
昔、創業者に言われたことは、「お前ら(外資系証券マン)を雇えば物事が解決してスムーズに進むことはわかっている。でもそれじゃあビジネスはできないんだ。給与が高すぎるからな。」だった。とても人前に出せないような社員を雇ってビジネス展開していったんだよね。顧客と口論になって殴っちゃうとか(昔の話ね)。
最近、PL脳とか言って要は金出してくれ、っていうベンチャーがはやっているらしいけど、ドンキの創業者の考えはビジネスを始められる金ぐらい自分で用意できなければ所詮ダメだ、だったね。いや正しい。もちろん全く社会貢献していないわけではなく、アジアの貧困層に対して奨学金を出す財団作っているよ。

まあ、これぐらいだったら書いて良いでしょ。


【追記】
もう、15年ぐらい前かな。外国の小売企業が日本の小売店を視察するならドンキだったね。他は見ても参考にならない、って言ってたよ。
営業利益の絶対額はもちろんのこと、営業利益率で見ても、他の小売業者に比べた高い収益力が分かるはず。安かろう悪かろう、にならない創意工夫がドンキの強さの源泉なのだろう
なんでも揃っているという点では100均と同じ。店内をウロウロしていると、つい余分な物まで買ってしまい、レジで「えっ?」と思うこともしばしばだ。近くにドンキと食品が充実したドラックストアがあれば、単身者にはとても暮らしやすい。
今日の日経新聞一面の記事。ドンキを運営するPPIHの2019年6月期は「連結営業利益が前の期比2割増の630億円強と過去最高となったもよう」とのこと。
営業利益でローソン(607億円)を上回り、小売業界5位に浮上す流ことになります。
業態革命ドンキの原点は『泥棒市場』、その源流には、無一文になった安田隆夫さんが、幸せな家庭の窓辺を見て一念発起したところに遡ります。

第5位、アッパレです✨
2003年の月泉さんとの軽妙なセミナーは下記です✨『ドン・キホーテ/デフレを嘲笑う"非連続型業態"の成長&革新方程式とは?』
https://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/03042301.html
フィリピン人の先生が日本に出張に行くとお土産はドンキで買ってくることが多いです。
本当に外国人客が多いのだと思います。
売っているものが多いのも良いですが、買い物が楽しいようです。
世界中どこにも、ドンキのような圧縮陳列をして、欲しいものを発見する楽しみができるお店はないですからね。
外国人にとって、日本の観光名所なのかもしれません。
決して安いわけではありませんが、売り方が上手いですね。
株式会社ドンキホーテホールディングス(英語: Don Quijote Holdings Co., Ltd.)は、主に総合ディスカウントストア等を展開する日本の持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.09 兆円

業績