新着Pick
204Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
(記事が出ましたので、久しぶりにコメントします)
自分が2010年に活動を開始した頃には、このような潮流は多くの人が見える形で存在しなかったので、この10年で月開発周りの世の中の動きが大きく変わりました。しかも自分が想像していたよりも最近はさらなる加速を感じます。

宇宙は今後の人類の豊かな生活を支えるインフラになります。
長期的なビジョンを実現するために、しっかりと足元でも収益を上げる構造を創り出し、既存の宇宙産業に囚われない様々なプレイヤーが事業面でも環境面でもサステイナブルな活動が可能となる基盤構築を目指していきます。
ルナランダーにも使えるロケットエンジンは我々ISTも開発項目に入ってます。
NASAは今回の月探査に関しては、Commercial Partnerの重要性を何度も言っています。CLPSプログラムはNASAが民間企業から自分たちが運びたいものを運ぶために輸送サービスを購入するというスキーム。イメージとしてお客としてFedExのサービスを買うようなイメージです。CLPSプログラムでは9社が選定されていて、これからなんかいかにわけてタスクオーダー(NASAからの発注)が行われると思いますが、その総額は26億ドルと発表されています。これらの契約をispace(が参加するDraperチーム)としてとれるかどうかは重要ですね!そして、今回はBack to the moon to stayといわれているように、着陸した後に、人類が継続可能な拠点をつくることが目的なのも、50年前のアポロ計画との大きな違いです。
ispaceがCLPSを取れればメチャメチャでかい。一気にビジネスが回り出すと思う。逆に、それが取れなければ、水資源開発で利益を出せるのは相当先でしょうから、それまでの中継ぎをどうするか。もちろん袴田さんにはプランがあるのだろうけど。CLPSの契約対象は8社でしたっけ。その契約を取りまくったところが、「月のSpaceX」になるでしょう。競争は熾烈です。
宇宙開発やビジネスも良いが、サイエンス目的の月面望遠鏡を作って欲しい。地上の望遠鏡は、大気があるため天体からの電磁波の多くは吸収散乱を受けてしまうので、特定の波長域(可視光や電波)でしか観測できない。ところが、月面望遠鏡だと大気がないのでメリットだらけ(背景ノイズがない、常時観測可能、酸化による劣化もない)。天文学への大きな貢献が期待できますね。
月は近くに見えても、まだまだ遠い存在だなあ、と感じました。しかし、その距離感を埋める努力が日夜繰り広げられています。とてつもない苦労の連続に、敢えてチャレンジするそのこころざしに敬意を表したい。
資源開発が本格化すると利権が生まれるので争いの元にならないといいですね。法整備や権利義務関係はどの様に変わっていくのでしょうか。
月に街を。。すごい構想だ。生きてる間にそういう世の中になったら面白いなぁ
HAKUTO袴田さんだ!Google Luna Xprize無念の挑戦終了を経ての「再起動」。僕が取材させていただいた頃はエンジニアは数人でプロボノのみんながプロジェクトを支えてる規模だった。月の水を狙うのも変わってない。胸が熱くなる。