• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

「地方」と「地方銀行」はなぜ衰退するのか?

マネー現代
928
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 東京八丁堀法律事務所 弁護士

    都会と地方においては、テクノロジーの進化によって物理的な距離の差は縮まってきていても、価値観の差、「何が当たり前であるか」の差は、大きくなる一方です。
    子供たちや若者の価値観形成に大きな影響を与える、そのすぐそばにいる大人たちが、異質なモノを提供できるかどうか。
    地方への人材還流は、そういった効果も狙ってると思うのですが、、なかなかこれが進まない。。


  • https://www.alpha-function.jp/ 代表 コーポレートPR・IR・ブランディング、IPO、DX・IoT支援 コンサルタント

    地方は、「相互監視社会」「年功序列社会」「既得権益社会」であることが普通だ。

    まさに、これ!
    これが地方を疲弊させてる。
    高齢の町の名士が既得権を荒らされないようにしてるようじゃ、もはや衰退は免れない。


  • 株式会社 LifeHack 代表取締役

    1つの県の中でのM&Aの数は限定的で、専門の部署を立ち上げるのは難しいし、そもそも行員の中にM&Aの複雑な事務処理を扱える人材がいないから、結局全国的なM&A専門会社の「代理店」となって、細々と案件を紹介するしかない。

    ------------------

    ↑まさしくそんな事例を鬼の様に目撃しております。
    地銀の担当者さんがM&Aやってます、と言うと信頼感が増しますので、そこを入り口に、M&Aの案件を拾い出しているM&A専門の会社は多いですね。

    地方銀行さんは正直利用されているに過ぎないと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか