新着Pick
254Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回は、デジタル行政の基盤となる政府情報システムの現状と課題、政府内での議論の経緯、そして、今後のあるべき姿について、私の考えを寄稿しました。

政府情報システムの改革については、6月4日に開催したデジタル・ガバメント閣僚会議において政府方針を決定するとともに、昨日閣議決定した新たなIT戦略にも盛り込んだところです。

こうした政府方針を踏まえて、デジタル社会にふさわしい政府情報システムを実現するため、全力を挙げて取り組んで参ります。
IT大臣としての政府システム論。プロの仕事。昨日はクールジャパンの会議でご一緒しました。プロの仕事。来週は知財大臣として知財計画を決定されます。プロの仕事。さらに科学技術と宇宙政策も担当されています。超人。
あるべき姿はこの通りだと思う。そして、様々なことが動き出している。ただ、一定の成果が見えるまでには5年はかかるだろうし、道のりは平坦ではない。

大臣がくるくる変わる人事をなんとかできないだろうか。
記事中にある「デジタル・ガバメント閣僚会議の様子」という写真を見てひと事「アロハシャツはいいんだけどさ(笑)あと、20歳若い人を増やそうよ(笑)」

今年の、政府CIO補佐官に僕に知り合いが3人入り込んだ。彼らは年の頃にして40歳前後。でも、それでも年寄りだ。20代、30代の人をこういう会議に呼ばないと。

ひとことで言うと、今までの政府情報システムは作り込みすぎ。
正直、ユーザーインターフェイスとかは要らないんだ。

オープンガバメントを目指すなら、APIベースの情報検索システムと、XMLまたはJSONベースのデータ表示システムがあれば、それだけで十分なんだよ。

しかし、上手く整理されいる(ように見える)ディレクトリ分類とかいらないからね。タグベースのタクソノミーの方が実際には使えるから。

そして、アプリケーションや活用のアイディアは国で話し合う必要はなくて、全部民間に自由に任せればいい。

そうすれば、使いやすくて面白いアプリはどんどん出てくる(たぶん、スタートアップもこれで増えるんじゃないか?)

まぁ、今年の内閣CIO補佐官に加わった面々は、APIエコノミーの達人がいるので、変わることを期待しているよ。
いかにも難しい問題ですね。

デジタルガバメント閣僚会議の服装。

カルチャーの違い。
情報の重大性。
ガバナンスのレガシー。


参考
「DX先進都市」を目指す市川市、エストニア電子政府のデータ連携技術「X-Road」を採用
https://newspicks.com/news/3977390/
デジタルガバメントを実現するために必要なシステム投資のあり方。

各省縦割りで、政府横断的な調整が十分に機能していない。

こうした構造的要因に担当行政のトップが明確な課題意識を持って取り組んでいる、なおかつそれを自身の言葉で広く発信する。

ロジカルかつ戦略的な安倍政権の政策アプローチの典型の一つ。
あるべき姿だと思う。
全体最適できない課題。これが技術以前で最大の課題かと。期待しています「各省縦割りで、政府横断的な調整が十分に機能していない、という構造的要因が浮かび上がる。これを解消するには、政府の司令塔機能を強化し、各省最適化ではなく、政府全体の最適化を可能とする仕組みを構築しなければならない。」
効率的な政治・行政を行うためのシステム。はやく進めて欲しいですね。