新着Pick
317Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
端末にダウンロードすることがないという売りだけで、クラウドゲームは絶対に普及しない。重要なのは「クラウドファースト」のクラウドならではのゲームが出てくること。難しいのはクラウドじゃなきゃできないことが殆どない。発明が求められる
5Gになれば、クラウド型ゲームが中心になるだろう。
今回の動きは、ソニーとMSのGoogle対抗の動き。

任天堂は、まったく動きが発表されていないが、
今後Googleと提携するのではないだろうか。
(私見です。)

「クラウド型ゲームは、データセンターでゲームの情報処理を行っており、ゲームソフトをスマートフォンやパソコンなど手元の端末にダウンロードする必要がない。ゲーム専用機メーカーが決める規格に沿ってソフトを開発する必要がなくなり、専用機メーカー「3強」(任天堂、ソニー、マイクロソフト)体制を崩壊させかねないほどの衝撃がある。ソニーとマイクロソフトによる発表は2019年5月17日だったが、その2カ月前には、グーグルがクラウドゲームへの19年中の参入を表明しており、ゲーム界が堰を切ったようにクラウド化へ動き出した。」
ゲームって、この先どうやったら気持ちよくお金を払えるものになるだろう、と、ずっと考えています。
ゲームの歴史と文化がそうしたのですが、驚くほど、パッケージソフトの買い切りは納得できるのに、課金のハードルが上がっています。
でも、たとえばAmazon Primeの会費は気にならない。
どうやったらゲームの納得感ある定額課金ができるのか。

ゲームを遊ぶこと以外の価値との合わせ技がポイントになると考えています。
ゲーミングは両者にとって注力ビジネスの一つ。
今後はかなりの投資が行われることでしょう。
ゲーミングから得られる知見は、他のビジネスに応用できる情報がたっぷりありますしね。
楽しみです。
これはとんでもない革命ですね
ネット環境さえあればハイグラフィックなゲームをスマホからでも遊べるとは夢があります
一昔前のグラフィック競争時代にゲームをしていた私としては胸が踊ります
また、チートやイメージからゲームタイトルをキックするような行為もかなり減るんじゃないでしょうか
完全に防げないとしても、明確にサイバー攻撃と判定できるので立件が簡単になるでしょう
昔pspのcfw時代にはアドレスマッピングしてバイナリローダーをアセンブラで書いてとみんな苦労してましたがそういう遊びもここらで終わりなのかもしれませんね
うーん、理屈でいくと、こうなのはわかるんですが、なんか違和感…

各社のお客さんのイメージかな…PSシリーズ、Xboxシリーズやってる人はなんか近しくて(あとPCでゲームしてる人も)、ゲーム玄人の人が多い印象で、

任天堂のゲームやってる人は、玄人の人もいるけど素人の人もいる…みたいな印象なんですよね。

お客さんが違ったとして、同じ方向性に発展していくもの、でしょうか…

Wii のときのように、なんか違う流れもできそうな…そんな妄想をする今日この頃です。
Epic GamesがGoogle Play Storeの手数料を敬遠して、独自ストアでFortniteの配信を始めている。Epic Gamesストアからストリーミングゲームの配信も可能でしょう。
Googleは自らサ一ビスを始めた。そこが重要なのだと思います。クラウド専用のゲームプラットフォームを用意する。iOSユーザーもGoogle Studiaの標的になります。

クラウドはゲームだけではありません。HTML 5も応用範囲が広がる。
Appleは自社の囲い込みを崩されぬ様に対策を求められるかもしれない。
通信速度、容量、高機能端末性能等のコモディティ化の賜物。
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。 ウィキペディア
時価総額
115 兆円

業績

業績