新着Pick
668Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
広報はとても重要です。小さな会社だとしても。特に消費者を対象にしたビジネスであれば更にその重要性は上がります。うちも小さな会社ですが、広報は3人いて、私も先頭にたってPR活動をしています。その甲斐もあってこの規模の会社としては異例の露出になっていると思っています。広告にはあまりお金はかけませんが、広報活動にはお金と労力を掛けます!笑
金融においても広報PRは非常に大切な部分。弊社は一部アウトソース、一部社内のハイブリッドですが、我々の場合少し特殊なのは、会社のPR・広報という側面と、会社全く露出せず、世の中の投資に対するperceptionを変えていくためのPR・広報という側面があります。後者は一見すると弊社が単体でやるべきことではないかもしれませんが、誰かがやらなければ世の中のperceptionを変えることはできないので、地道にコツコツやってる部分でもあります。
まさに社内の広報部門との争いが絶えないので、注目せざるを得ない記事。

そもそも広報部門と事業部門は活動の目的が違う。事業部門は多少のリスクを犯してでも大きなベネフィットを得ることを是とするが、広報は大きなベネフィットを捨てでも小さなリスクを消しにいく。この思想の違いがある以上、共存できる訳がない。なので記事に書かれている通り「事業運営を担う社内メンバーの”理解”と”共感”」が重要なのですが、広報はコア業務から離れているのに経営陣には近いという組織なので、事業部門と適切にコミュニケーションを取れずに身勝手な方針を一方的に事業部門に押し付ける。

たぶん、上記は一般的な大企業病なので、メルカリやビズリーチの成功例を真似していきたいところです。それができなかったら、広報もアウトソースでOK。
ecboはローンチ当初、広告にかけるリソースなかったことから広報に全振りした。振り返ると、当時お金かけて変に広告かけるより、広報して多くのメディアに取り上げられたおかげで初速は出せました。個人的にはシードアーリーこそ広報にリソースを当てた方がコスパいいと考えてます。
ビスリーチの名前が出てるのでもしや。。。と思ったら、玲子さん!
本当に彼女は天才PR!!
そして、彼女の素晴らしいところは自分がprogressするものに対する凄まじいボリュームの「愛」。
だからこそ、PRが心に響く。
自社の製品やサービスを本気で愛せない人は、PRで成功できないのではないかな。
人事で採用に関わっているからこそ、経営戦略としての広報は出来ると思って、入社後から地道に取り組んでます。明確に意識しているのは、物語に関わる社内の仲間の向き合うその先にあるヒト、モノ、コトのストーリーまで含むことと、そのストーリーの届け方。
広報は社会との関係構築マネジメントなので経営戦略と連動させることがすごく大事。

特にスタートアップはいい会社、プロダクトでも知名度がないことが多いので、認知を獲得し社会と合意形成するためにも初期から力を入れた方がいい領域です。

スタートアップの攻めの広報は大手企業の守りの広報とはまた違ったスキルが求められたりしますが、ただ最近は大手企業もスタートアップと協業したりスタートアップライクなプロダクトの見せ方をするようになって来たので広報の問い合わせも増えてきましたね。
広報の意義にネガティブなコメントを掲載してる大企業の人がいますが、ダメですね。広報がしっかりしている組織はブランディングがちゃんとできています。多くの一部上場日本企業は広報と宣伝の区別もできてないですし、広報はネガティヴ情報の火消し役としか見ていません。
言い方や、形は変わるのかもしれませんが、人は「ストーリー」に引き付けられるというのは、過去の広報マンも体感的に知っていたのだと思います。

多くの広報マンとお会いしましたが、やはり自社商品を社会のトレンドの中に位置づけてお話しされる方が印象に残っています。

開発部門、営業部門の宣伝文句の受け売りではなく、ご自身の考えとして、自社商品のポジションを語るのです。そういう方は、大抵は少なくとも業界動向、さらにはその他の流行にも詳しく、教えられることも多かったです。

経営者の中には、そうした広報の目を常に意識している方々もいましたね。

しかし一方で、決まった宣伝文句を繰り返す方や、決まったストーリーを押しつけてこられるかた、他社を貶める方、私のような部外者よりも業界や技術について知らない広報の方もいらっしゃいましたね。

広報のかたの印象によって書く記事のトーンが変わることがないよう意識はしていますが、会社の雰囲気や姿勢がそこには出ているのかな、と感じることもしばしばです。
ヤッホーブルーイング井手さんおっしゃってることに100%共感。そもそも私はスタートアップしかほぼほぼ渡り歩いてなくて、広報もマーケも採用も実は全て一直線だと感じてて、最近それを言語化してくれた心強いパートナーのHRマーケター五木田さんとタッグ組んでるわけで。そもそも大きい組織ってすぐ見落としがちになるよね、根本のところ。もっと横断的に視野おいとかないと。
株式会社ビズリーチ(英語: BizReach Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く、インターネットを活用したサービス事業などを行う会社。 ウィキペディア