新着Pick
954Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今アメリカのテック業界で一番熱いトピックの一つ。ディズニーのサブスク(ディズニープラス)は月額7ドルと、ネットフリックスの半額近くという安さ。ピクサーやマーベル、スターウォーズなど圧倒的ブランド力のコンテンツを持っているので、この値段設定で、ネットフリックスとの共存を狙うのかと思いきや、Huluも傘下に入るとなるとかなり強敵ですね。ネットフリックスの最近のオリジナルムービーに飽きてきている層で子どもがいる家庭はスイッチするかもですね。

このままだとテレビの強みがニュースとライブスポーツだけになるか?と言われています。(うちもNBAを見るためだけにケーブルに加入しています。。Huluスポーツに期待)
何かとNetflixの一人勝ちイメージがある動画配信事業ですが、
独自の先行配信があったり、好きなコンテンツをどこよりも早くみたい!人にとっては、huluもかなり魅力的。
(ある意味、昔の?テレビのこの時間に見たい!や、ジャンプを発売日に買いたいと同じ気持ち)

今後Disney参加で、どう広い意味での世帯を取り込み、その中で個々にむけたコンテンツ、新システムを構築していくかに注目です。動画配信も選択したコンテンツを一方向で楽しむ形から、これからどんどん進化していきます。
(恐らく子供とかも学べたり?ゲームという表現が正しいか分かりませんが参加していき、自分流をクリエイトできるコンテンツ)
Netflix の有料会員は1.5億人。 Disneyは自社ストリーミングに散々struggleした挙句、MLBのテック部門BAMTechを3000億円ほどで傘下に収め自社リソースを一部その出島にスピンアウトしそこのテクノロジー基盤と人材を使ってDisney+, ESPN+を開発しました。ただ5年後の目標でもこの2つで0.7-1億人程度のサービスです。Huluが0.4-0.6億人となりますがこれからコンテンツとプラットフォームの両輪は回るか注目ですね。

またアマゾンもプライムが1億人を超えたと昨年ありました。Suite always winと面が勝つか、Contents is kingと専門特化が勝ち続けるか。もともと音楽配信でも覇者だったアップルとSpotifyとの比較と異なり、要注目ですね。
想定通りのシナリオ。これでDisneyはBAMTechの技術をベースにDisney+とESPN+を展開し、Hulu、さらにはFox買収で手に入れたインドのHotstarなどを展開。インド市場はNetflixやAmazonと比較して、実はDisneyは一歩先に進んでいるし、Disney+のファミリーエンターテイメントなら、もしかしたら競合よりも中国市場にも入りやすいのかもしれない。
Netflix vs Disney が、よりクリアになってきましたね。これでコンテンツまで強化されるなら大歓迎です。どちらが優位に立とうと。
昨日の衆議院総務委員会に参考人として呼ばれ、ネット配信市場に関する質疑の際、ネットフリックスとアマゾンについてコメントしましたが、huluやディズニーについては触れませんでした。この件を知っていたら強調すべきだったな。世界は動いていますよと。
マーベル、ルーカスフィルム、21世紀フォックスなどに続くディズニーの買収。配信プラットフォームとコンテンツ力を本気で固めにきていますね。

海外プレイヤーのコンテンツ投資は数千億〜兆円レベルになっており、映像コンテンツの世界市場は桁違いの資金力勝負に入っているとの認識です。
https://www.vox.com/platform/amp/2018/2/26/17053936/how-much-netflix-billion-original-content-programs-tv-movies-hulu-disney-chart?usqp=mq331AQCKAE%3D
両方加入し今のところ大人Netflix 子供huluの使い分けで満足。いまのhuluは980円はのコスパで満足。ディズニーによる完全子会社化によりエクスクルーシブで仕入れる魅力的コンテンツにより値上げが想像されますが使い分けがあるため解約できす、市場のパイが拡張するのでしょう。
顧客にとっては、より質が高いサービスの提供が見込まれるため、良いニュースだ。しかし一方で既に新参者、がグーグルやアマゾンに対抗できないように、オンライン動画の世界でもすでに大勝負は完了してしまい、この二社に制作費等で対抗することは難しい。この二強体制が継続するのだろう。
Huluのディズニーによる3兆円買収。5Gを見据えた一手というのは明らか。ディズニー自身もDisney plusというオンラインの動画配信を今年後半始めようとしていたので、Netflixに比べて弱かった最初の顧客基盤の強化にはとても有効。ここで興味深いのはHuluはもともとFOX,NBCなどTV局のジョイントベンチャー(日本だと日テレとフジなどが入っているTVerか)から始まったもので、彼らがオンラインに対抗しようとして守りで2007年にストリーミングを始めたものの、netflixには勝てなかったのでディズニーが引き継いだとも言える。これで映像コンテンツはNetflix アマゾンプライム、ディズニー+hulu、アップル、YouTube(アルファベット)の5強に近づきつつある。音楽配信サービスはapple musicのiphoneというハードを握った猛攻で大きな強さがあったが、映像ではハードを持つappleの強さはどこまででるのかが気になります。Netflixのボタンが急にテレビのリモコンに登場したように、Disney+huluもハードに手を伸ばしてくる可能性はありますね。

業績

業績

ネットフリックス(英語: Netflix, Inc.、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。 ウィキペディア
時価総額
13.6 兆円

業績