新着Pick
293Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
#Amazon delivery partnersの起業家プログラムは、開始して約一年で100社が誕生したそうです。
さらに、#アマゾン の従業員への金109万円と給与3ヶ月分という大盤振る舞いの支援策で、さらに増やそうとしています。
車は、メルセデスベンツのVanで、制服も格好いい!
さらに仕事も保障されてるので、本当に好条件ですね!
ちなみに、メルセデスベンツのバンは2万台発注済みと発表されています。
米国の「フリーエージェント化」がますます進みますね〜。

会社に雇われるのではなく、自分(もしくは起業して)で働くという傾向。

ダニエル・ピンクが「フリーエージェント社会の到来」を著してからずいぶん経ちますが、着実にフリーエージェントは増えています。

ウーバーの運転手もそうでしょう。

会社が間に入らない分、Amazonにとっても配達員にとっても「中抜き」をされないメリットがあります。

日本では労働者が法律で手厚く保護されているので、実現は難しいかもしれませんが…。
独立してからドローン配送の会社を起業する人とかもいそうですね。
110万円だと心許ないかもしれませんが、Amazon内部を知ってるのはそれなりに強みになりそう。
角井さんがコメントされているメルセデスのバンは頻繁に見かけますね。配送受注先を増やすことで大手も含めて価格競争力を高めるということでしょうか。内製化すると健康保険やら社会保障費で高くつきますので、、、
退職間近のどちらかというと使えない人を形だけ転職/独立支援する制度は、日本でも昔から入れている会社は多かったですが、これはチームアマゾンの中で引き続き囲いながら、雇用契約から委任契約に切り替えて、リスクを低減して、よりダイナミックな活用を可能とするという提案ですかね。面白い。
巨人らしい良い施策だと思いますが、この手のサービスはどうしても劣悪な品質がお約束です。日本のデリバリープロバイダの品質の悪さに嫌気がさして脱Amazonしたユーザーも少なくないです。やるからには、サービス品質を一定に保つ仕組みもお願いしたいです。
課題に対する打ち手がものすごく明確です。計画した人はMVPモノだと思います。一石二鳥とはこういうことを言うんでしょうね
FedExやUPSに頼らない自社配送網を作り、それを自動運転化するまでの10年間のつなぎ施策という見方もできますね。
開業支援金としてはもう少々いただきたいところですが、独立を促すという意味でありがたい制度であることに変わりはありません。さらに、そうした事業者から生みだされる新たな工夫やイノベーションにも期待したいところです。
独自物流の構築が加速するのでしょうか。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
107 兆円

業績