新着Pick
438Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
一週間お付き合いいただきありがとうございました!

最終回の今回は、ビジョンを自分なりの独自性を付与するためのアナロジー思考と、共感をうんで表現するためのストーリー作り、がテーマです。

ある程度アイデアが具体化してきたら、企画書を作るのではなく最終的にユーザーが見るポスターやWebページ、ビデオなどの具体的なフォーマットにして表現しながら考えると、一気に解像度が上がります。作って見ると自分が本当に作りたいものかどうかがわかるので、自分が見えてなかったこだわりが見えてきます。

以前はこのような表現はクリエーターに任せることが常識でしたが、今はクリエーターとよくコラボするためにも逆に自分で解像度の高いイメージを持った上でクリエーターと働くことが、魂のあるものを作って世の中に出す上で大事なのではと思います。

一週間お付き合いいただきありがとうございました!妄想駆動で、ビジョンを形にして生きていく一助となりますことを願うばかりです。
表現を磨くには、分解、逆、組替などの技術を使いながら、とにかく表現するしかないのだと思います。
その際、表現の良し悪しを判断するために、人に表現して反応を観たり、人と一緒になって言葉を交換することが有効で、そのようにしながら他者との距離感を詰めて、言葉を洗練させていくことが有効です。

意見を求めても「〇〇さんの意見に同じです」とか、質疑応答でも誰も手を挙げないなど、教育でも社会でも自分の言葉で表現する機会が圧倒的に少ないですが、そういう場で例え稚拙であっても表現し続けなければ、言葉も磨かれないし、頭も整理できません。
今までの枠を越したアイデアはアナロジーで別な枠組みに飛ぶことで生まれる。優秀な人は一瞬でそれに飛ぶ。どうしてそう考えたかは説明はしてくれない。が、その頭の中にはいろんなアナロジーのネタがある。「何か別の形はないかと模索するとき、役立つのが「アナロジー(類推)発想」です」
まず、何をあたり前に感じているかに気づくことからはじまる、と感じます。

私自身、あまのじゃく、なので、あまのじゃくキャンパスは好きです笑

が、相手からの素朴な疑問、の方が自分に迫るものがあるように思います。

海外に赴任されて日本の当たり前のことを問われて気づく、留学生に日本のことを説明しようとして気づく、世代の違う方との会話で気づく…

まず、気づくこと、めんどくさがらずに気づいたことと向き合い考えること、が大切と感じます。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。