新着Pick
466Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ナイストライだった、で総括すれば良いと思います。

洗濯物より先に会社をたたんでしまったランドロイドですが、こういうクレイジーなアイディアが日本人から出ることを歓迎して、出る杭を打たず、無謀な挑戦がこれからも続くよう、心からの拍手で送り出しましょう。
1年以上も前からこの会社を追い続け、破産の1週間前、破産当日と坂根社長に直接取材してきた下川記者による渾身の倒産ルポです。

最終的に同社は新たな資金調達先を確保できず、資金繰りに行き詰まり破綻に追い込まれました。ですが商品コンセプトは面白く、また夢があるだけに、ランドロイド事業を引き継ぐ会社が現れ、今後、商品化されることを期待しています
個別の経緯はともかく、概論的にここで教訓にしたいことがいくつがあります。

(1)「家事ロボット」は、「本当にユーザーがペインと感じているポイントは何か」というのが言語化されづらく、そこをちゃんと理解した上でつくり、値段と技術が提供する価値のバランスを取らないとうまくいかない。そうでないと「バズーカでハエを撃つ」になってしまう。以前自分が書いた「家事ロボットの愚」というブログを改めて探してみたら、なんともう11年前ですが、ここに掲げておきます。→https://michikaifu.hatenablog.com/entry/20070921/1190343996

(2)「大風呂敷戦略」に気をつけよう。その昔、スティーブジョブズやビルゲイツは、最初にできもしないことをできると宣言して、あとから突貫で技術を作るということをやったために、テック業界では英語で言う「fake it till make it」が持てはやされるようになった。でも、これはムーアの法則がバリバリに効いていた頃のことだからよかっただけで、技術の内容や時代により、これが通用しないことも多い。大風呂敷で経営者がお金を集めてしまい、従業員に無理なことを実現しろと迫ってブラック化する、という悪現象が発生します。最近でいうとTheranosの詐欺事件が顕著な例。大風呂敷戦略ベンチャーにあまり大きなお金が集まりすぎるのも考えものです。

他にもありますが、とりあえず以上二つを挙げておきます。

ベンチャーが萎縮してしまうのも問題ですが、教訓は教訓としてきちんと整理しましょう。画像解析などのコア技術をどこかが買収して別の形で商品化できるとよいと思います。
ハッピーエンドの成功体験の共有だけでなく、このようなファーストペンギンの挑戦から学べることはたくさんある。次に繋がるヒントをもらえた好事例と捉えても良いのでは。

前職リンクアンドモチベーションでは、失敗こそ重要な資産、失敗をしたことよりも共有しない事が悪、というコンセプトのもと「エジソンファイル」と呼ばれる失敗事例を共有するプラットフォームがありました。
全自動の衣類折り畳み機「ランドロイド」が話題になっていたセブンドリーマーズが4月23日に倒産しました。なぜ、期待のスタートアップは潰れてしまったのか。

ずっと追いかけていた帝国データバンクの記者のレポートをお届けします。
今年に入ってからですが、終盤になってからの相談を受けていました。固有名詞がたくさんあるので、もちろん内容は書けませんが、一般論的に言えば、総じて事業計画が甘かったのではないかと思いました。100億円を溶かしてしまうのも開発計画の甘さですし、最終局面で資金繰りに行き詰まるのも、だいぶ前から見えていたのに何かを期待して時間を空費していた感じがしました。事業再生は時間との勝負。一刻も早く相談して欲しかったです。

阪根社長は、一言で言えば「夢追い人」。そういう方がいないとブレークスルーは出来ないのですが、今回は、諸々の事情から、なかなかすぐに再起は難しいような印象を持っています。でも、是非頑張って立ち直って欲しいです。
ハードウェアで勝ち抜くことはやはり難しいんだろうか。
モノがサービス化していく中でハードウェアスタートアップもハードの後のデータやソフトでスケールという闘い方でないと勝てないのだろうか。
なんでこんなに期待されていたのか、イマイチ解せない。洗濯物畳むのにこんな大きな高価な機器はいらない、という感覚がなぜ投資家は持てなかったのか…販売できたとしても物珍しさ需要が一巡したら終わっていた気がしてならない。

感覚がずれているのは私の方…?
自動折りたたみ機 ランドロイド、当初から、色々な生地や形のある衣類を本当に効率的に畳めるのか不思議でした。やはり、技術的な壁を乗り越えられなかったですね。しかし、よく100億円も集めましたね。
MVP(Minimum viable product)ができるまで、社長と研究者数人でコツコツやっていればよかったのかなぁ。

まあ正解なんてないですね。

ナイストライ!
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。