新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
事実と反応をまとめつつ、過渡期の混乱が分かる良い事例。いくつかの要素がごっちゃまぜで論じられています。

1つ目は、産休育休というブランクに対するpunishmentが重すぎるのではないか、という話。外資系を見ると、複数出産して上級管理職の女性は珍しくありません。日本企業は、まだまだ、産休育休「くらいで」昇進が遅れること自体、遅れているという指摘は事実。

2つ目は、育休の長さ。諸研究が明らかにしているのは、育休が長いとキャリアにマイナスという事実です。米アジアで勤務経験のある友人は、同僚(アジア人)から「1年の育休はtoo long」と言われたそうです。競争は厳しい。この点、詳しくは立命館大教授の筒井淳也さんが書いた「仕事と家族」(中公新書)をご参照。

3つ目は、家庭内の男女不平等です。事例の女性は会社の先輩と結婚しているので、収入が多い方が育休を取ったのかもしれません。ただ、ふたりともキャリアを継続と考えるのであれば、半々といかないまでも、夫も育休を取る、という選択肢もありました。三菱東京UFJ銀行の男性育休義務化は、こういう問題を避けるための解決策として期待できるでしょう。
商社に勤めるということはそういうことなんじゃないの?
むしろ、育児環境を気遣った優しさじゃないかと思えるのですが?
賛否両論わかる気がします。

仕事上の経験と見ると、その間、仕事だけに必死に取り組んできた同期に遅れているのは事実。出張に身軽に行けないと一定の業務においては支障をきたすのも事実だと思います。会社だけの問題ではなく、人生において全部ハッピーと言うことはありえず、何かを選ばなくてはならない局面は誰しもあり。
子供を産むか産まないか、のみならず、育休期間においても、例えばベトナムで私が勤めていた会社では3ヶ月で戻ってくる人は多数いました。

一方、人生全体で見ると、子育てをすることで得られる経験や喜びは確実に大きく、仕事だけに取り組んでいたのでは得られない価値だと思います。

育児を完全にサポートできる社会的な仕組みが整っていく過渡期だと思うので、今後に期待しています。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
3.59 兆円

業績

株式会社テレビ東京ホールディングス(テレビとうきょうホールディングス、TV TOKYO Holdings Corporation)は、2010年10月1日に設立された認定放送持株会社。 ウィキペディア
時価総額
637 億円

業績

株式会社ガイア(がいあ)は東京都中央区に本社を置く企業。 ウィキペディア