新着Pick
443Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Whimやviaなど、気になるサービスの多いMaaS。ボルト知らないなーと思ったら、2019年2月にTaxifyから名前を変更していたのですね。

陣取り合戦と資金調達はもちろんなのですが、UXに携わる人間として、ユーザ側の体験設計とドライバーへのインセンティブ設計が気になります。特に既に25か国80都市で展開されているようですし、アフリカでの展開に成功したのであれば、「ドライバーの倫理をどうやってインセンティブでカバーしていくのか」はある程度考えられているはず。

なのですが、ざっと双方のアプリを見たところ、Didiのようなこだわりはなさそうで、結構普通にUberっぽかった。

Didiのドライバーアプリだと、そもそもドライバーのグレードが多く存在していて上に上がるインセンティブ設計がされている上に、ドライバー同士がコミュニケーションできるSNSにもなっていたりします。
ボルトはUber参入後すぐ、ほぼ同時期からケニアにいました。Uberより安い印象ですが、Uberは燃費のいいスズキの軽自動車アルトを使った低価格ラインを導入していて、そちらだとUberの方が安いこともあります。

Boltも車両へのファイナンス提供を開始したり食宅配に参入したりとしていますが、施策はUberの後追いが目立ちます。また、Uberにおいてはおそらく企業アカウント(営業マンなどの使用への会社一括払い)が安定売上になっているのではないかと思いますが、たしかBoltは企業アカウントがなかったはず(未確認→Boltもやっていました)。あと、記事にあるバイクも、Uberは提供できていますが、Boltは今年3月に開始したばかりでまだ実際にはメニューに見当たらず、ライダーさんを集めている過程なんではないかと思います。ケニアにおいては、Uberはさまざまな施策を取り入れており(先日はアプリを使わずコールセンターで車を呼ぶサービスまで発表していた)、現地化が進んでいるのはどちらかというとBoltよりUberであるように思います。

どちらもまだ既存のタクシーユーザーからの置き換えの枠から大きくでておらず、通常タクシーを使わない層がたまの機会でなくて日常的に使うようになって新しい市場を作り出すまでは至っていないのではという印象で、それができたところが大きくスケールするのだろうと思います。ただしそうやって力をつけるとアフリカでも当然、タクシーやすでにある公共バスの業界団体が反発するので、政治マターにも直面しますね。

エストニアではBoltよりシェアをとっているとされラゴスに進出していたGoAfricaはどうなったんだろう。
Uberアフリカもたくさんの問題を抱える中、Bolt (ex-Taxifyも頑張ってる模様)。例えば、アフリカのライドシェアドライバーの多くは日銭で生きているため、ガソリン代などのためにキャッシュがほしく、カード決済を選択するとなかなかドライバーが見つからない(現金払いがベスト)。また、Uberの全世界ほぼ共通UI/UXのせいか、目的地を先にメッセでユーザーに聞いてきて、遠かったらマッチしないなど利便性の問題もある。そんな中Boltは、ドライバーチェックが厳しく、21歳以上・最低3年間の運転歴、犯罪歴チェックと対面トレーニングなど徹底している。ナイジェリア・ラゴスなんかではドライバーがSOSボタンを持っており、いつでも緊急対応可能な状態になっていたり。運賃でそこまで差別化できないor Boltが競えない中、こうしたローカライゼーションがキーになっているのだと思いますgood luck!
ダイムラーが出資したエストニアの旧Taxify。欧州最大の配車サービス「my taxi」を既に傘下に抱えるダイムラーが敢えて競合の彼らに出資した理由については、昨年のNewsPicks特集「ベンツ解体新書」でお届けした、モビリティサービスの独占トップインタビューの中で話を聞いています。併せてぜひ。

【独占解説】ベンツが狙う、“モビリティ界のアマゾン”とは何か
https://newspicks.com/news/3137634
現在は情報格差がほぼゼロの時代。
つまりはどこかで新しいビジネスモデルが頭角を表すと、各国で同じようなものが出る。

そうなってくるとエグゼキューション能力の差になってくるが、過去20年はベンチャーキャピタルなどのエコシステムがシリコンバレーが抜きん出ていたので資金面などで他の国のベンチャーは歯が立たなかった。

ここ数年は中国やインドだけでなく、日本やEUも独自のエコシステムが出来上がりつつあり、結果地の利が必要なビジネスはローカルが勝つケースも出てきている。

0か1ではなく、事業内容/国のユニークネス/タイミング/創業者の能力など、複合的な要因で都度変わると思います。
地元だからそこ気づくポイントで差別化していくか、このまま消耗戦が続き資金力で勝敗が決まるか。
今後の展開が気になります。
シェアリング自転車、ライドシェア…こういったシェアリング・エコノミーは、それ単独のビジネスでは、結局、最後は収益が確保できないと思います。

LyftもUberも他も。基本的にユーザーは最小限しか払いたくないので、それに見合うものしか提供できません。

今の段階で、このように断言しているのは、私くらいでしょうが。(笑)
何年か後に実証されるのでしょう。Time will tell…
スピード感あるよね
同じ体験レベルのプログラムを書ければこれは大きいか。あとはローカルの特性を知って開発できるか「エストニアとルーマニアのオフィスで働くエンジニアの人件費は、カリフォルニア州のエンジニアの半分程度」
UBERが開いたマーケットがあまりにも強大で、ニッチでも結構なサイズになるという構図かと。リアルが絡む世界はデジタルで完結する世界よりも一社独占にはなりにくいですしね。

UBERとの違いがもう少し具体的に知りたかったですが。
この連載について
世界のクオリティメディアの記事をNewsPicks編集部が厳選し配信します。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
6.03 兆円

業績