新着Pick
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アダストリアの[.st](ドットエスティ)とJR博多シティの協業による取り組みは、ありそうでなかったオフラインにおける自宅試着サービスです。

ファッションの場合、顕在的な課題解決のためにモノを購入することは非常に少ないため、「選択→購入→使用」の顧客時間を考えると、使用と選択がつながっていると感じます。

ECではAmazonをはじめとして、「自宅のショールーム化」に取り組んでいますが、実店舗を接点としたこういった取り組みは見たことがありません。

これを利用することで、ユーザーは「自分の持ってるアイテムと合わせてみたい」、「過度な接客を受けたくない」、「店頭では試着する時間がない」などのショッピングでの課題解決につながるかもしれません。

しかも、持ち帰り商品=試着商品のデータ化できるため、次の顧客体験につながる改善につながる可能性があります。

チャレンジングな取り組みですが、今後の展開が非常に気になります。
女性の皆さまにインタビューしていても「自分の手持ちの服と合うか、似た服を持ってないかをじっくり考えて買う意思決定をする」という方が割といらっしゃいます。
「あ、これかわいい!」という直感的な出会いから始まって、本当に必要なものかロジカルに考えるという購入体験は意外とインサイトを突いている気がします。
博多という生活動線でこれをやるというのもうまい。