新着Pick
354Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
カバー率がかつての条件と比べると厳しめですね。
ドコモとKDDIはユーザーキャパも考慮しないといけないのでカバー率はのコミット計画がこれまで通りの数字ですが、SBと楽天はそこまでではない、と。
悩ましいのは末尾のコメントのように、人よりも産業界での使われ方、例えばIoTでの多接続な使われ方が多くなるので人口で見ても計画読みにくいことですね。
予想されていた通りの結果で、5G特有の超高速利用でのミリ波帯(28GHz)は各社1枠づつ、サブ6は6枠4社で、得点が高いであろうドコモとKDDIが2枠獲得。
ソフトバンクはカバー計画や大規模通信障害の影響もあった?のか、2枠申請で落選。

個人的にはサブ6での200MHz幅割り当てがなかったことは残念。比較的エリア構築しやすいサブ6での高速通信のための広帯域幅利用がよいと感じていた。

スタートはこのような形ですが、UHF帯の3G/4G既存利用も徐々に5Gへ移行すると思われる(既定路線ですでに5G/LTE同一周波数帯混載の実験も開始、総務省の委員会でも検討開始)。
UHF帯は細切れで5Gになっても速度向上は大きくはないですが、5G Phase2以降の同時他接続などには効くと思うので、2021年頃から順次マイグレーションが進むとベスト。
ここを既存キャリアの割り当て通りに移行させるのか、再整理して割り当て枠を設けるのか、今後の焦点はここですね。
日本で 5G に割り当てられる周波数は 3.6GHz 以上で使いにくい

- 世界的に低い周波数で 5G をサポートする動きが広がっている

- 昨年末に標準化団体(3GPP)が 5G の無線仕様で UHF 帯もサポートした

- アメリカでは T モバイルとスプリントが 5G ネットワーク構築に電波オークションで得た UHF 帯(600MHz 帯)を使う

- EU 議会も2020年までに 700MHz 帯を 5G に割り当てる方針を決めた

日本のインターネットは 5G で世界に取り残される
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0622/jbp_180622_3074836349.html
こんなに高い周波数だと、可視光線ほどではないにしても、とにかく障害には弱いし、距離も稼げません。限定的な用途による、限定的な利用を前提とした技術であり、ユビキタス環境の全体がアップデートされるというのはファンタジー、というか発想としては不要。先に普及ありきという順番には不安を覚えます。革新的な使途を考え出すのが先決でしょう。
楽天には基地局の着実な開設など4条件が追加。でも4キャリアでいよいよ始まる。審議会担当者(ということはこの京大・吉田名誉教授かな)「5Gは個人レベルというより産業界、自動車の運転や建設機械の遠隔制御、遠隔医療などに大きなインパクトを与える」。同意します。
SoftBankの投資額が楽天と大差無いのは気になる。
これを土台にして、どんな人がどんなことを考えて動こうとしているのでしょうね。

ワクワクします。
島国でよかったなと思う。大陸で国境入り組んでたりすると調整大変。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者である。 ウィキペディア
時価総額
6.48 兆円

業績

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話等の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社(NTT)の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
8.46 兆円

業績