新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやほんとに驚きました、takaoさんの華麗なる転身。最近どんなことをされているか、聞いてみたいなと思ってました。

22:58 ただいま戻りました。

さて素敵なお題ですね。
考える中で、「科学が何でないか」という表現をされてたのが面白くて印象に残りました。そういう、外側から輪郭を浮き出させるようなアプローチもありだなと思えました。

趣味寄りの話になりますが、普段工学の世界にいると、経済的価値のないものはバッサリ削らざるを得ない場面が多いです。そういうものを拾い直せたら科学の面白さを忘れずに済むのではと思って、僕は写真でそれを試しています。
自然の中にある、人の意思と関係なく生じたもの、例えば雷が落ちて裂けた木、貝殻や石の中に現れる不思議な規則模様、などを意識して観察すると、好奇心が生まれたその瞬間を追体験したような気持ちになれます。こういうのが科学の元になったのかなと思うと悪くないです。
写真は、自然を、科学を想いながら散歩するのに相性が良さそうに思います。takaoさんもおひとついかがですか。もう完全に趣味の話これ。

ところで、もしかしたらtakaoさんが少し気にされてるんじゃないかと思って書きますが、科学の話をするのに職業が科学系である必要は無いと思います。(余計なお世話だったらすみません)
科学・化学のスキルを持ったまま視点を変えると世界がどう見えるのかすごく興味がありますので、どんどんお話をお聞かせください!
科学とは何かについて考えました。
①科学のありようは自然が決めていること
②科学において重要なことはこの世界を説明し、理解すること

この2つを、「科学の発見」という本から学んでとても思考が整理されました。

サイエンス&ケミストリーのおススメピッカーに入れていただいているので、ちゃんとサイエンスって何か、説明できないとな、と。

ぜひ、皆さんのご意見聞きたいです。(ドキドキしますが)
この高尾さんの記事に対する長文コメントをFBには書いたのだけど、note公開するかどうかまだ迷っています。すこし手を入れて公開しますかね。

一般的な(自然)科学のイメージはニュートン的世界観を意味し、しかもなぜか実験物理学がベースになっていることが多いと思います。

そして、科学的であることのイメージは、論理的(演繹的で推論課程に矛盾がない、因果律に沿う)で、合理的(論理的でかつ利害目的に適っている)で、エビデンスベース(データに基づいていて、統計的に意味があり、帰納的)、唯物的(物質主義、実在的)、客観的(人間のバイアスから遠い)、というもので、こうしたイメージが先行してしまっていることで、話がややこしくなっていると思います。

実際にはこうしたイメージと、科学の営みは必ずしも一致せず、むしろ真逆のことさえあります。


最近ではゲノム編集まで科学と呼ばれてしまう始末。NPを始めとするビジネス界隈で使われる「科学」や「サイエンス」の意味が、「理系っぽい」くらいの意味しかないという空虚さに強い危機感を覚えています。
記事の通り、科学は世界を説明するための一つの道具だと僕も考えてました。

僕は研究し始めの時に、東工大時代の先輩から、「お前はとりあえずこれ読め」って、渡されたのが『科学の方法』でした。これで、科学というメガネでの世界の見方を学びました。
Takakoさんの紹介された二冊の本も読んでみます。
takaoさん最高!

2冊私も読んでじっくりtakaoさんやコンクリートの人, 大場さんと一緒に話したいテーマ!そして,村上和雄先生のSomething Greatを引用して科学から哲学,生物まで派生した議論をしたい.

ちなみに私は先ほど「物理の見方・考え方」(江沢洋著・日本評論社)ってゆう哲学っぽい本を買いました.おすすめカテゴリをケミストリー縛りしないでほしいんですけどねー笑