新着Pick
510Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
博報堂生活総合研究所による「生活者が選ぶ“2019年 ヒット予想”」)「//www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/50863)「で1位だったドライブレコーダー。万一の事件・事故に備えた録画機としての注目を集めているのでしょうが、米国発スタートアップ、Nautoのドライブレコーダーはそのイメージとはかけ離れたAIマシンでした。

GMWやトヨタ自動車などが出資するNautoの斬新性を、国内事業で手を組んだソフトバンクとオリックス自動車の鼎談で紹介しています。
いやぁ、台湾にいた頃、ドライブレコーダーの普及率の高さに驚かされました。安心と言う「御守り」的な存在なのだそうですが、当時、個人的には違和感を覚えました。ぶつかった時に役に立つ、みんなそう信じている割には、日頃の乱暴な運転を止めようとしない。もちろん「(日本と違って)他のドライバーがひどいから」との理由は分からなくもないのですが、事故なんてそうそう起こらないので、記録映像の大半は活用されないままでした。

しかし、本稿を見て、確信できました。ドライブレコーダーとはかくあるべき、だと。映像というのは膨大で、冗長的です。これを私たちが活用するためには、必要なところを適切に切り取らねばなりません。このような役割が得意なものこそ「AI」です。人の目で整理するのは困難だし、かと言って、機械的に分類・解析するパターンの数は意外と膨大です。ゆえに、そのパターンを学習的に増やしつつ、抽出をし続けられる仕組み「AI」がぴたりと当てはまりそうです。本稿によって、ドライブレコーダーの本当の用途は「予防であるべき」こと、そしてAIの本質とは、人にはできない、それでもパターン化できるものを整理する技術であること。これら二つを、社会コスト低減に振り向けることで、新たなビジネススキームができたこと、を知り、感動しました。何か、宣伝文章みたいですが。。。
個人向けで、どこまで価格が下がるのか?がスケールできるか否かの分岐点でしょうね。B2Bであれば、既に勝算はあると思いますが、B2Cでは疑問です。

今すぐ適用できて、安全に貢献できる製品なので、スケールしてほしいです。
車の任意保険の更新時期でして、特約の条件など色々みてるとこです。
ハイブリッド車の割引などはだんだん少なくなって、代わりに安全性能の高い(衝突防止装置とか)車ほど割引率が高いような設定になっていくようです。
こういう後付け装置の有無も保険料に反映できると、導入が促進されて良いのではと思います。
衝突防止ブレーキと共にドライブレコーダーは必須の装備と思っていて装備してます。

ドラレコはどちらかというといざという時のための御守り(当たり屋対策、事故時の過失割合の公平性を保つため)と考えていましたが、事故防止の観点からも進化しているのですね。

こういうイノヴェイションは良いですね。期待してます。
月額5500円・・・個人には重いが、規模のある法人なら見合うところもあるということか。個人にも優しい値段まで下がればなお良し。自動車の保険や車検、税金との相殺で個人にも展開できないものか?
この連載について
ロボット、AI、IoTをはじめとしたテクノロジーによって、飛躍的な進化がもたらされる近未来のビジネスソリューションや、情報革命の “次の一手”を紹介します。