新着Pick
27Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
The Huawei case doesn’t just pit the US and Canada against China. It might also pit Canada against the US if Canada takes most of the heat for arresting Meng at US request…and then Trump just returns her to China. And it could pit Trump against his own Justice Department if he tries to circumvent their processes to treat her as a hostage who can traded.

〈和訳〉
本件は単に米国とカナダを中国と対立させるだけのものではない。もしカナダが米国のリクエストを受けて孟晩舟氏を逮捕した末に、トランプ大統領が同氏を中国に簡単に引き渡すようなら、米国とカナダの間に軋轢を生む可能性がある。そしてトランプ大統領が米司法省のプロセスを回避して、同氏を交渉で使える人質にように扱えば、大統領と司法省が対立する形にも。

〈コメント元記事〉
https://www.bbc.com/news/world-us-canada-47423398
USに身柄引き渡しとなれば、Huaweiを通じて中国共産党が何を仕掛けていたかも米国に知られる事になるでしょう。何が出てくるかは分かりませんが。
孟が問われている罪は、イラン貿易制裁への違反ですが、それ以外にもパスポートを7つも持っていたりと言う事実などを鑑みると不正入国や不正申告の罪に問われる可能性があります。これらの罪は重いらしく各々20年程度の刑になるとの事。3つの罪が課せられれば60年ですから、ほぼ終身刑ですね。米国はこれで脅しをかけて司法取引に出るのではとの事。つまり事実を洗いざらい話せば解放しても良いという交換条件。しかし、共産党がらみのやばい話があったとすると彼女は共産党から命を狙われる可能性が高く、結果とて米国側は承認保護プログラムを適用し、孟は全く別人としてのIDを付与され人知れず生きていく事になります。
経過を見守りたい。
この身柄引き渡しによって、樫村さんご指摘のようなシナリオを描くことになるとするのなら、欧米が懸念する、中国が狙う「製造強国」へのロードマップ「メイド・イン・チャイナ2025」へ、どのくらいのインパクトを与えることになるのか、注視する必要がある。
カナダはファーウェイの孟CFOの身柄について、米国への引き渡し手続きを進める許可を出しました。今後、引き渡しの是非を判断する審理がバンクーバーの裁判所で開かれることになります。
「孟CFOは、6日にバンクーバーの裁判所で始まる審理に出廷する」予定とも。

米国と中国は今月首脳会談を行う予定にもなっており、貿易協議の行方が注目されます。