新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Whatupを利用していますが、中国などを除いた東南アジアでは最もダウンロードされ、ビジネスでも利用している人が多いです。WeChat のような送金システムができたら大きく世界が変わると思います。
もともとFBには送金機能は付いていましたよね。
これは、それぞれの国ごとになるので、SNS としてグローバル化に成功しているFBとしては、それをグローバルサービスにしたいということで仮想通貨なのかと思います。
けれども、いわゆるStaple Coinでないと機能しないでしょう。また、今のFBの各種コンプライアンスの問題点を考えると、まずはそちらの体制を立て直してからにしないと、たちまちマネロンの温床になるだけでは?
なんとも奇妙な伝言ゲームだと思う。ニューヨークタイムズが「ビットコインが失敗したことにFacebookとTelegramが挑戦しようとしている」と報じれば、それをCNETが「FBが仮想通貨を推進中」と意訳する。もともとの報道も暗号資産(仮想通貨)とキャッシュレス決済ツールを意図的に混同しているけど、その翻案は更に軌道を外れ、実態らしきものからどんどん乖離していく。暗号資産絡みの記事にありがちなことではあるけれど、何とかして事件を報じたいと思う気持ちがニュースを伝える経路にあふれているのだろう。
--
メッセージングアプリに送金機能が付くというのは、別に珍しい話でもなんでもない。中国はもとより、日本でもいろんなアプリが出てきている。米国には老舗のPayPalやvemmoがある。FBが同じことを考えても何の不思議もない。それらと、暗号資産市場で取引されるstable coinは全くの別物だ。更にそこからBitcoinやICOトークンには距離がある。「FBが仮想通貨」という記事が生まれた経路をたどると、まるで笑い話のようである。
--
それはそれとして、もしFBが決済機能を持ったとしても、それは国ごとに規制される話であり、FBでドル建てなら、どの国でも自由に決済に利用してよいということにはならない。そこがまさに既存の決済業者が各国で苦労していることでもある。Bitcoinが一瞬乗り越えて見せた国境の壁は、やはり越えられなかったのだ。ニューヨークタイムズの見出しをそういう意味で解釈すると、また別のイメージがわいてくるけれど、それを論じるにはNewsPicksのコメント欄は狭すぎるようだ。
昨年下記記事が報じられていましたが、やはりFacebookは仮想通貨事業を進めているようです。
【Facebookが仮想通貨を開発中?7兆円以上のインド送金市場がターゲットとのうわさ】
https://newspicks.com/news/3553794
原文のNYTimesはこちらです。
https://nyti.ms/2GSHtng
GAFAがブロックチェーンに乗り出してくるのは確実。皮肉ではあるけど、その時に市場は大きく伸び上がる

Facebookでは、ユーザーが相互にデジタル通貨を送金できるようにする技術を構築する50人体制のプロジェクトが進行していると報じた。