新着Pick
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
市民クリエイターの育て方、第2回目はゼロからお金が取れる映像を作る秘訣に迫ります。そのポイントは、思いが伝わること。ユーチューブにアップする動画など、プレゼンに使う動画などを作るとき、とても参考になる話です。

熊本県の合志市は、すでに「クリエイターシティー」というような、クリエイターが続々と生まれる町になりつつあるとか。町おこしの成功例の一つとしても注目です。
映像の強みは「伝わる早さ」。静止画の何倍もの情報量があるため、特に動くものについては効果てきめんですね。

「あえて描かないことで伝わることもある」「下手な映像でも、伝えたいという想いが伝わると」相手に伝わる。映像には想いを込めやすい。BGMをつけると、さらに伝わります。

地方で映像クリエイターの育成、素晴らしい活動だと思います。

広島のマツダスタジアムで流れたCMはカープファンの心にジンと響きます。
地方の大きな課題の一つは、「企画」「デザイン」「営業」といった"本社機能"を有しておらず、その付加価値を東京の代理店やコンサル等にもっていかれていることにあります。
そうした機能は、訓練を積んだ「クリエイター」と、進捗や成果を管理する「プロジェクトマネジャー」が一人ずついれば、東京側に負けることはありません。
こうしたクリエイターを地域発で生み出し続ける取り組み、とても重要です。
クリエイターが相手の感情を動かす。地方にクリエイターを増やしていく。とてもステキな取り組み。長く続くスキームであり続けてほしいですね。
バックグラウンドが多様な人が映像という武器を持って、自分の強みと掛け算出来るようになるのは良いですよね。映像にするから伝えられることは多そう。
うぁ、映像が自分で作れるようになるのは良いですね。
技術的な事より、どうやったら他人に見てもらえる映像になるのか興味があります。
受講料が2万円とは安すぎます。近くにあったら習いたいです。
いいな~。
インタビューを受けている柳井さん本人(だと思われる)がコメントされているのですが、本人認証していないからか、アイコンだけ表示されています。殆どの人に見えないのはもったいないですね。

https://newspicks.com/user/4092983
これ他の自治体でもやるべき!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。