新着Pick
245Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
少子化でますます一人当たりの教育費は上がってくるトレンドなんだろうなー。僕もこの著者と同じく、地方の公立小中高からの東京だから、お受験のこととか感覚的によくわからないー。んで、決めたのが、周りに流されず、自分ちなりに考えて選択するということ。数年前にインドの全寮制インターナショナル小学校(国際的にランクインしているスーパーエリート学校)を視察する機会があった。そこで学ぶ子供達のほとんどが韓国人と中国人、少数のインド人。あまりに素晴らしく、グローバルリーダーとしての自覚がこれだけ早い時期から育成されるというのは、とてもいいことだと感心して帰ってきた覚えがある。
人気 Picker
昔から過当な教育費問題で悩まされている韓国は1分当たりの授業料はいくらまでって政府で基準をつくっています。語学塾・予備校・幼稚園生の習い事・美術・家庭教師など分野毎に単価は違いますが大体1分10~30円程度となっています。
250万円かけて、「みんなからスゴいと言われるようなブランド校に入れるなら意味あるけど、そうじゃなかったら意味がない」みたいな考え方は違うと思うんですよ。
中学受験塾3年間で約250万円。高校受験のために中学3年間の塾費用が講習代もおしなべて平均月5万円だとすると、それだけで180万円。もし小1から小6まで公文で2科目やっていたら80万円以上。高校受験でも塾にお金をかければ結局同じくらいなったりはするんですけどね。
高すぎですよ(笑)冷静になりましょう。ICTによるリーンなイノベーションに本当に期待したいです。
ちなみに手前の受験歴は小学校と大学あと大学院。小学校受験も高いですし私立なので学費の負担はありましたが、中高の受験からは完全に解放されましたし、大学受験には受験料や入学料込みの合計でも100万円は使っていません。大学と大学院は国立なのでペイしたでしょう。賢い初期投資をしてくれた親に感謝であります。
以前、中学受験塾で教えていたことがあります。

中学受験をさせる親御さんたちは、自分の子供が一生懸命になる姿を見るだけでも価値があったとよく仰っていました。

費用対効果以上のものを得ているご家庭も多いのだと思います。
私は幼稚園受験、小学校受験、中学受験、高校受験、大学受験と、一通り経験してしまいました(笑)

幼稚園と小学校の受験は覚えておらず、さらに小学校受験は失敗して公立学校になりました。

その小学校は過半数が中学受験をする学校で、6年生になると生徒の2/3は学校に来ないで塾で勉強します。

そこに子供を入れた時点で、親の執念を感じました(笑)
私、小学生時代は受験エリートぽかったんですけど、2校受験で両方落ちて、結局公立に進みました。コスパとしては最低ですが、公立中だったのでお金かからなかったとも言えます(というと親に怒られますが)。中学受験では私の頃はここまではかからなかった気がします。中学の時の塾は、ここまではかからなかったかと思うけど。。。

結局、高校は中学受験で落ちたあと塾から二次募集で受けたらどうかと勧められた学校だったので、中学でそれほど伸びなかったなあ、という感じです。

親の私は中学受験経験者ですが(高校も大学もしてますけど)、子どもは中学受験しないつもり。まあ勉強嫌いってのもありますが、彼なりのライフプランで、どこの高校でラグビーやるかという方向性になっているので(それでも勉強は必要なんですけど)。最近、どこの高校でラグビーするのかという話で「ここは勉強しなくていいのか」と聞いてくるのが、教育に関わる仕事に就いている親としては辛いです。
スピリッツを愛読してることもあり、そろそろ子供が受験準備に入る世代として、「2月の勝者」は楽しく読んでます。記事にあるとおりリアルな内容で、自分の子供の時との相違点や、中学受験のメリットデメリットが両論語られていて面白い。家庭ごと、子供ごとにそれぞれの選択があって良いですが、するにしてもしないにしても、どちらにしろ色眼鏡で見ることは損でしかないと思います
しまった!第3巻を買い逃していました。
年間126万円は高いと思います。

お金の使いどきは悩ましいですね。中学受験に使うのか、大学で使うのか、海外留学に使うのか、旅の費用にするのか。
私は3人姉妹の末っ子ですが、姉二人が小5になると学習塾に行き始めるのを見ていました。

「勉強しなさい」と一切言わない親が、小4の終わりに、国語と算数の問題集を買ってきて、「来月までに解きなさいね」と言いました。
「どうしたの?」と聞くと、「来月入塾テスト受けるよ」と言われ、「ああ、私にもこの時がきたのか。。。」と覚悟したのを鮮明に覚えています。

それまで遊び呆けていた私が問題集をまともに解けるわけもなく、入塾テストは散々で、一番下のクラスになりましたが、そこから塾にはまり、受験を終えたあと、「ファミコン買ってくれなくていいから、塾に通わせてほしい」と懇願しました。

上のクラスのお友達を見て刺激を受け、必死に勉強し、成績が上がることに喜びを感じてしまったのです。

親は、私が望む学費は何も言わず、全て出してくれました。
裕福な家庭ではないため、かなり無理をしていたと思われます。
今は、それがわかるから、親に仕送りをすることで返しているつもりでいます。

そして、無理矢理にでもきっかけをくれたことにも、感謝しています。

100万を超える学費が高いかどうかは何とも言えませんが、自分に子供がいて、子供が「本気で」望めば、無理をしてでも出します。
それが水泳教室でも、お習字でも。
私に出せる範囲の場所を選んで。

お勉強に関しては、もちろんスタディサプリを推します。
株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、英語: Bungeishunju Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。 ウィキペディア