新着Pick
1057Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヒロシさんにとってのニューパワーとは「決定権」。自分で決めてすぐ動けること。自分らしく生きるためには「あわよくば」をいくつも仕込んでおく必要があると。その「あわよくば」がこのレポートにたくさん出てきます。

「サラリーマンも、個人でちょこちょこ仕事を始めればいいと思うんですよ。最近、副業オッケーの会社が増えているのなら、それはチャンスじゃないですか。」と。

「あわよくば」という気持ちを持った人たちの起業が増えるといいですね。日本は世界に比べ、極端に起業が少ない。日本経済の発展のためにも「あわよくば」精神が必要です。
特集の最後はこの方、ヒロシさんで締めくくって頂きます。

・「あわよくば」のタネを、また撒きはじめる
・「苦労したぶん、将来報われる」なんて洗脳と同じ
・すべての決定権を自分の手に握る
・個人でちょこちょこ仕事を始めればいい
・何事も突き詰めれれば、メジャーに行くこともある
・ストレスフリーに働かないともったいない

など、ビジネスパーソンも刺激を受ける言霊が続々です。是非お読みください。

また、特集を最後までお読みくださりました皆様、本当にありがとうございました。
起業家。「いろんなことを試行錯誤して、ダメだったらすぐ撤退する。それを「無言実行」でやって、ダメージを最小限に抑えるのが僕のやり方ですね」
この回、楽しみにしてました。面白かったです。「迷宮グルメ」を欠かさず観ていて、自分でもその魅力がよくわからなかったのですが、ヒロシさんらしく自由にやっている、というとこなんでしょうね。この記事を読んでよくわかりました。

「自分らしく生きる」ことには強くこだわるけど、その方法には柔軟だという。そして、その中にも独自の美学がある。それが「決定権を持つ」「自分が楽しむ」ということなんですかね。素敵だと思いました。
ビジネスにおいて「決定権」が自分にあるというのは、結果を出す可能性を高める意味でも、心理面でのストレスを軽減する意味でも、重要だと思います。
「達成できるかは●●次第」「▲▲が決まれば進むんだけどな」というのは自分のビジネスの成否を他人任せ・頼みにしていることであり、非常にストレスフルだと思います。
達成可能性が低くなったとしても、「決定権」を自分に取り戻すことは結果的にそこから得られる「報酬」を大きくすることにつながるように感じています。。
サラリーマンの社会でも、同じ様な話だと思います。

ただ、サラリーマンで上司になっている人達も
最初は、輝きがある人達だったのだと思います。
責任を持つ毎に大胆になれなくなり、
俺だって本当はやりたいよと思っている人は
多いと思います。

インターネットや、3Dプリンティング、
三次元CADや、試作を簡単にしてくれる
マイクロサービス工場達は、この世界を
変えると思います。

誰もが得意な事で輝ける世界が、今後必ず
来ると思っております。
ヒロシさんのおっしゃること、理解します。
こういうことを考える方が、お笑いの世界にもこれからどんどん出てくるんだろうなぁ。そして、今以上に、業界を超えて個人と個人、個人とコミュニティがつながっていく。
ちなみに、僕の兄の名前は、ヒロシです。
「好きなことが見つからない」っていう人もいるみたいですけど、それは大人だから恥ずかしいっていうだけじゃないのかな。

が特に刺さりました。

そんな趣味の延長で稼げるの?副業にもならない!って声が聞こえて来そうですが、最初から「独立」とか「起業」と型にはめるのではなく、身近な「好き」の延長線で、何か自分から動いてみる、ThinkじゃなくてDoする、っていうことと思います。その先に新たな景色が見えて、どうしたいかが見えてくる。
ニューパワー=決定権というのはとても説得力があります。

自己決定には意思があると思うのですが、意思があるからもっと面白くしよう、もっとよいものにしようという工夫が生まれるのかなと思います。意思がある仕事と、やらされている仕事は外から見ても魅力が違いますよね。人を夢中にさせるのはやっぱり意思ある仕事だと思います。
いろいろと共感。。やりたくないことをやらないために何をすべきか考えてしっかり行動しているところが素晴らしいです。最後の言葉がほんとうに、すべてだとおもいます
「今は、誰もが“個”で動ける時代なんだから、ストレスフリーに働かないともったいない。心からそう思います。」
ヒロシさんの活動には今後も注目していきたいです
この連載について
1年どころか半年単位で世界が激変する時代。 1つの組織に頼るのではなく、「個人の力」を上げる時代になってきた。 ピラミッド組織の中でうまく遊泳し、上を目指す「オールドパワー」的思想は限界。 これからは、自分の得意をよく知り、何を学ぶか、いかに仲間と協働し 新しいうねりを起こすかが問われる「ニューパワー」が求められる。 5000万人近いメンバーを持つコミュニティの創業者や 最新キャリア理論を解説するアカデミックな論客が、 あなたの人生が変わる最新のキャリア理論をお届けする。