新着Pick
29Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
従来の下馬評通りだろうが、取締役会長はスナール氏が濃厚。CEOとなるボロレ氏ではなく、カギを握るのは間違いなくスナール次期会長だ。ルノーが指名したい日産の取締役会会長のポジションへもスナール氏を推す可能性もあるだろう。
スナール氏の経営的な力量には期待が大きい。日産とフランス政府と話し合い、出口を見いだす可能性もある。
日本の新聞ではルノー日産の「資本関係見直しうんぬん」の報道で溢れているが、現段階では本当に重要なことはそんなことではない。両社ともに会社のガバナンスと執行体制を立て直すことなのである。そのうえで、真の意味で、アライアンスの意義を見直すことだ。その先に、あるべき資本の関係も見えてくる。
フランス政府/ルノーとしては、ゴーン氏にこだわるより「宝のなる木」である日産の日本人トップと先ず手打ちをした方が得策と判断したのであろう。

資本の論理を振りかざせば日産を支配する事は可能だが、
それによって会社の業績が維持できるかは疑問と考えたようだ。

拘置所暮らしの長いゴーン氏は「ジャン・バルジャン」のようだ...。メディアももう騒がなくなっており、ゴーン氏の反撃の気力が萎えない限り「日産日本人と検察の勝利」は間近か。

業績

ルノー(Renault S.A.)は、フランスのパリ近郊のブローニュ=ビヤンクールに本社を置く自動車製造会社。 ウィキペディア

業績