新着Pick
1466Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この年末年始に、私は『NEW POWER これからの世界の「新しい力」を手に入れろ』という本を読みふけっていました。大企業、大組織、しかも少数の権力者が、情報を握り、パワーを掌握する「オールドパワー」の時代は限界。テクノロジーの進展と人々の行動と期待の変化により、多くの人が情報を共有しムーブメントを生み出す、仲間主導型の「ニューパワー」の時代が到来するーーというメッセージに強烈に惹かれ、矢も盾もたまらず、速攻で、インタビューを申し込みました。

そんな頃、弊社のコミュニティマネジャー、小野晶子さんからメッセージが。「ルミさん大変。この本、凄すぎるんで読んでください」。そしてその本が、やはり『NEW POWER 』。偶然の一致に驚いたのでした。そして版元の方のご協力で取材が可能となり、小野さんとともに、1月18日の深夜11時45分からskypeによるインタビューが実現!

内容は、今なぜ「オールドパワー」から「ニューパワー」の時代なのかに始まり、ニューパワーをうまく活用した「レゴ」「シャオミ」「ローカルモーターズ」などの事例(どれも面白い!)の紹介。

はたまた、日本ではたらく人が、どのようにニューパワーを手に入れるか、オールドパワーとニューパワーの絶妙なブレンド法に至るまでたっぷりとお話を聞くことが出来ました。

著者のジェレミーさん、ヘンリーさんご自身が数千万人規模のコミュニティを率いた「実践者」です。だからこその、リアルな実践方法が展開されます。

ちなみにお二人とも、ニューパワー時代のリーダーにふさわしく、威圧感ゼロでサービス精神のカタマリのような温かいお人柄でした。ありがとうございました! 読者の皆様、是非、お読みください!
アグリガールを創設した人は、ニューパワーを駆使して、今までに内新しい組織作りと活動を行なっています。
共感力が高く、人を共鳴させることができる人がコミュニティを作り、”ニューパワー”を手に入れています。

<アグリガール>
http://www.works-i.com/pdf/w148_seikou.pdf
「ニューパワー」の献本を頂いた時に、編集の方から、箕輪さんのやってることと重なるところが多いと書いた手紙を頂いたが、まさに僕はニューパワーだと思う。
すべてを解放し、周りの力をつかって、流れを作る。僕は単なる目印であり主体は全員。これからはニューパワーが強い。
おー。形を変えて皆が同じことを言い始めているということはきっとアーリーアダプターには同じ世界が見えているということでしょうか。ニューパワー、読んでみます!
オールドパワーとニューパワーという整理・対比が分かりやすい。

一方で、個人的には素直に読めない部分もあった。
というのは二つあり、一つは人間の感情は揺れ動くもの、そしてもう一つは世界的には異なるパワーの間での分断があるのではないかと感じている点がある。

オープンに周りを巻き込む、共感を引き出す重要性は、一層上がってきていると思う。ただ昔好きだったものが嫌いになったり、関心度が強まったり弱まったり(好き嫌いは変わらなくても、そのなかでの優先順位の変化)するもの。それは自己の経験や、周りの論調(周りの論調を経験すること自体が、自己の経験にもなる)に左右される。政党支持率の変化や、世の中の様々なトレンドは、それの際たるものだろう。
感情が揺れ動く中で、相容れない感情も生まれる。それが世の中の分断につながっていて、分断する2つの考えの中(そのなかでは共感できるが、共感できない考え方・集団も存在して、二つのパワーがある状態)で共感を集めるアイコンがあると、その分断がより深刻になる。「隠れトランプ現象」はそれの代表例だと思っている。

共感できる場合には物事を推し進められる。一方で共感できないと感じたときにどういう風に互いに接するか、自分をコントロールするか。
共感が一種もロバの剣だからこそ、自分にとっても周りにとっても、プラスに使っていくスキルやマインドセットが重要だと感じる。
ニューパワーを語る前にまずパワーの定義。著者2人はバートランド・ラッセルの「パワーとは、意図した効果を生み出す能力のこと」としました。

哲学者ラッセルの言葉を用いています。ニューパワーも2人の哲学から生まれた発想ですね。

ニューパワーはテクノロジーによってもたらされるものではない。マインド(気持ち、心持ち)によって手に入れられる。

マインドをオープンにすれば、誰でも参加できるコミュニティが作れる。それがパワーになる。そういう時代になっている、と。

「自分たちは裏方に回り、参加者を主役にするといったニューパワーの考え方を、日頃の立ち振る舞いや挙動に反映させていくこと」が大切というくだりに、ほっこりとしたものを感じました。

「パワーとは、意図した効果を生み出す能力のこと」。意図した効果を生み出すのに、強権発動は不要。

一休さんが重たい釣鐘を指一本で動かした話を思い起こしながら読みました。共鳴させれば、重たいものでも動く。
New Power、面白いですね。早速購入しました。まだ読んでませんけど。組織で言えば、個人のリーダーシップやエクセレンス、「持つもの」がドライブする、もうそれだけじゃないということですよね。Old PowerとNew Powerは択一じゃない、という点にも強い興味を惹かれました。ニューパワー・マトリックスがわかりやすい。整理に役立ちます。
一大ムーブメントには程遠いですが、自分が最近始めた「産業保健オンラインカフェ」はニューパワー寄りなんですかね笑

https://newspicks.com/news/3595147/

いずれにせよ、ニューパワーが機能するためには綿密な準備が必要という点には共感します。

一方、歴史は繰り返すというか、ニューパワーも肥大してくると次第にオールドパワーとなり、また新たなニューパワーが生まれてくるのでしょうね。

新陳代謝という意味では、ある意味健全なのかと思います。
納得→今、世界において、ムーブメントを起こすなど、何かを成し遂げるには“新しい方法”があり、それを実行するためには“新しいマインドセット”が必要だ、ということです。
こちらも非常に興味深い。テトリスとマイクラの対比は、旧来のテレビとYoutubeはもちろん、新聞とNewspicksにも同様の構造があるわけで、世辞ではなくNewspicksもNew Powerの先駆けの一つだろうと感じています。
この連載について
1年どころか半年単位で世界が激変する時代。 1つの組織に頼るのではなく、「個人の力」を上げる時代になってきた。 ピラミッド組織の中でうまく遊泳し、上を目指す「オールドパワー」的思想は限界。 これからは、自分の得意をよく知り、何を学ぶか、いかに仲間と協働し 新しいうねりを起こすかが問われる「ニューパワー」が求められる。 5000万人近いメンバーを持つコミュニティの創業者や 最新キャリア理論を解説するアカデミックな論客が、 あなたの人生が変わる最新のキャリア理論をお届けする。