新着Pick
1028Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
広告のキモは「さり気なさ」だと思います。
あからさまに広告だとわかると、流し見されてしまいがちです。

Googleがすごかったのは、検索結果に広告を紛れ込ませていたことです。今では当たり前のようになりましたが、当初は広告と気が付かないままに上位表示されていたサイトへ訪問していた経験があります。

雑誌も記事広告という形で、あたかも取材したオリジナルコンテンツのように記事が広告と掲載されています。ページ番号があるかないかで判断出来る話を初めて聞いた時は衝撃的でした。

プロダクトアウトで見ると、技術ですごく広告が変わっていく一方で、マーケットインでは、ユーザーとの直接接点の「さり気なさ」が重要です。
情報収集、ショッピングなどで、オフラインとオンラインを行き来する境目はなくなっていくでしょう。
ただし、広告に関して言えば、テクノロジーは進むものの、生活者のインサイトを深堀りしていくような話だったり、広告代理店がそこにフォーカスしていくというような話はあまり聞きません。
広告主は“顧客体験”にフォーカスしているのに、どんどんミスマッチが起きる感覚があります。
では、Amazonが複数の有意義なサービスとデバイスから取得した生活者のインサイトと広告、そして運用を手助けするAIをセットにして、広告主にダイレクトに提供するようになったとしたら。そういう未来を想像すれば、何に重きを置くかはリアル店舗も広告代理店も同じような気がします。
ネットとリアルの境目やゲートなどの垣根は極力なくなります。落合さんが仰るデジタルネイチャーの世界です。

そのためユーザーへの広告宣伝や誘導手法は、広告や検索ではなく、地図を見る、決済手法を選ぶ、ポイントを確認するなど何気なく行うネットとリアルの融合した行動や体験が企業にとって広告宣伝や誘導のチャンスになります。

paypayやLINEはそこを狙っています。
「ウェブサイトに入ってきてもらうために、検索エンジンで上位に表示されるのを競うのではなく、リアルな世界に魅力的で効果的な入り口を作ることを競うようになるだろう」

上品なアテンションの獲得方法といいますか、入口の「しつらえ」の大切さを日々感じています。
女性の購買行動を見ていても、そうですし、自身の購買行動を振り返っても、です。
オフライン、オンラインの境目はどんどんなくなってくると思います。実際に今後あらゆるものがネットに繋がるわけなので、そのネットに繋がったモノ自体が広告媒体になるかと。重要なのはその時にどう導線を作るかというところ。
確かに、画像認証技術の発達で周りのものの多くが広告になりえる気はする。

だとすると、紙広告からWeb広告へとシフトしてきたこの10年の流れが、再度逆行するというおもしろい可能性がありうる。


「確実に、しかも簡単に誘導できる」という点から言えば、QRコード、URL、文字の順だ。

 しかし、QRコードは、周囲の景観との調和性がなく、違和感がある。そして、いかにも「広告です」という印象を与える。

 こうした問題がないという点で言えば、文字、URL、QRコードの順だ。
QRコードは特にそうで、URLもデザイン上美しくないことがある。そう考えると文字にカメラを向けることで認識され、HPなどに飛ぶことが当たり前になれば広告モデルは大きく変わってくる。これがどんな画像でもOKになればさらに変わってくることが予想できる。
これがグーグルの次のリスティング広告になる気もします。グーグルはうまいんだよな。
なるほどねぇ
面白いですね。リアルな空間演出がより重要になると。O2Oのバリエーションが無限に拡大していきますね。
アートディレクターさんはwebだけではなく紙や印刷物もできないといけない時代に再突入。