新着Pick
636Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今年は大変に苦労しましたが、ここで一度仮想通貨のマイニング事業を再構築します。得た知見と経験を活かして、来年は必ず飛躍の年にするぞ。頑張ってくれたマイニング事業部とシーズンZチームの皆さん、本当にありがとう。 仮想通貨が変える未来、その可能性を信じる気持ちは変わりませんよー!
なかなかエグい… 取引所、マイニング業者、ConsenSys、最強と言われたモデルが軒並み厳しく。苦しい時期は続けれど、イノベーションのスピードは加速してる。ITバブルの焼け野原からGoogleやFacebookが生まれたように、この焼け野原から、次の時代を牽引するスタートアップは生まれてくる!

GMOは仮想通貨マイニング装置の開発・製造・販売から撤退。自社によるマイニング事業は継続する。今回の事業撤退に伴い、連結ベースで約355億円の特別損失を計上する。
本ニュースをみて思い出しましたが、「数百億の損失を乗り越える男たち」と題した、新経済連盟の失敗力カンファレンス動画必見です。
https://www.youtube.com/watch?v=l5GyfWJba0U&app=desktop
お疲れ様でした。
結果だけを議論するつもりはありません。

黎明期の頃は、モノになるか否か、
誰もわからない。

ビジネスとはそういうものだと思っています。
まずはお疲れ様でした。
非常に大きな損失の計上ですね。

海外を見通すとBitmainが2018Q3、BitcoinCashのハードフォークによるHashWar(BitcoinABC vs BitcoinSVのマイニング戦争)抜きで740MUSDの大幅損失を計上する見込みとの報道が出ているなど、マイニング事業者・マイニングチップ設計・開発事業者に更にスケールの大きい巨額損失が出ていることが推測されます。

ソース:
https://ethereumworldnews.com/rumor-bitmain-740-million-in-q3-losses-excluding-bitcoin-cash-bch-hash-war/

その他香港証券取引所への上場申請を行っているマイニング関連企業の最新動向はこちらから:
https://newspicks.com/news/3553622?ref=user_1209752
世界トップ性能というのが、採掘コストが一番安い、という意味だろうか?
一般論として実物がある資源の場合は、価格変動があるが、需要がある限り採掘コストが一番安いプレイヤーは儲かり続ける。価格が下がると、採掘コストが高いプレイヤーが撤退せざるを得ず、でも需要はあるので儲かり続ける。またコストが低い順に採掘量を並べたグラフを「コストカーブ」といって、それでどこが儲かり続ける鉱山かが基本的にわかる。
仮想通貨が「実体がない資産」で、また実需がほとんどない状況だからこそ、性能が優れていても減損が発生する状態。そういう経済性だし資産クラス(というべきかも疑問だが)という理解が必要。
ブロックチェーンのPoWに「マイニング」という言葉を当てたセンスは良くも悪くもあるな…。本来の目的を考えず、言葉だけでこれを捉える人にはその本質を見誤らせてしまう。

ブロックチェーン技術にとって最重要の「取引承認プロセス」であることを考えれば、単にビットコインで儲ける「投機」のためだけの手段ではないことは自明なのに、その価格だけで考えてしまうと「損」という事になってしまうのだろう。

この分野は、これから必ず伸びてゆく。
なぜなら、ブロックチェーンでは必ず「取引承認」を必要とする仕組みだから。

ビットコインでの素振りは、今後の事業に必ずつながっているし、GMOくらいの会社なら、そんなことは既に織り込み済みだろう。
私見ですが、熊谷さんはIT業界では極めてステディで、信頼の置ける経営者の1人です。そういう意味で「再構築する」という彼のコメントがすべてだと思います。
特別損失355億円の内訳は、自社設備によるマイニング事業の減損損失115億円と、マイニングマシン事業の債権譲渡損240億円。
これだけ市場が冷え込むと大変ですね。
GMOインターネット株式会社(ジーエムオーインターネット、GMO Internet, Inc.)は、インターネット関連事業を行う東証1部上場企業で、GMOインターネットグループの持株会社でもある。本社は東京都渋谷区桜丘町のセルリアンタワー内に所在する。 ウィキペディア
時価総額
3,430 億円

業績