新着Pick
163Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
良い記事ですね。

日本には日本の良さがあります。海外で行われている教育が、日本でもできるかどうかはまた別次元で考えなければなりません。残念なのは、わが子の行く末は心配でたまらないのに、教育制度についてはほとんど興味の無い人たちが多いということです。

※追記
実は学校で水泳の授業があることは、世界に誇っても良いことだと思います。パラオに行くとそれが如実にわかります。紫雲丸事件の教訓です。
もちろん日本の教育が100%ダメなわけではない。

ここでピックアップされた、給食や掃除などは教育現場において、前例踏襲で続けていることで価値あると思えること。

一方、教育方法に関しては、いろいろな課題や疑問がありますよね。算数の計算方法があれ?という学習指導要領など。

未来で活躍する子どもたちのためにも、海外と比較して、明らかに劣っているところは、速やかに改善するべきです。
日本の教育の特色ですね。これがどういう効果をもつかというエビデンスを出すのはとても難しいです。というのは、日本の学校全てに当てはまるので、どれかをやっていない場合にどうなるかということがわからないからです。偶然、どれかをやっていなかった学校や地域があれば、数量的に分析できるのですが。どなたかご存知ないですか?
給食当番はおもてなし精神を養う優れた教育システムと称賛する外国人が多い。音楽・図工の授業が充実していて、誰もが縦笛を吹けてさらっとお絵かきできるのがクールジャパンの源泉とみるむきも。いい面はぜひ認識して伸ばそう。
いまは変わりつつありますが、体育や芸術などが充実しているのも特色だとおもいます。また、公文式などは海外でも広く通用しています。
日本の教育と括ったときに、教師が子供に一方通行の指導をするっていうイメージがありました。

ちゃんと見直してみると、授業以外の取り組みの中に素晴らしい活動がありました。