新着Pick
810Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
【人事戦略デザイナーの視点】

企業のエグゼクティブやリーダー層にコーチングをしていると、多くの人が窮屈な仕事のやり方を強いられていると感じていました。

特にキツイ立場なのが中間管理職の皆さんです。上から無茶ぶりされ、部下にはリーダーシップを示さなければならない。

なぜこんなに日本の会社が窮屈になってしまったのか、原因を色々と考察した結果、ワークスキルを発揮できる人事制度や人材育成が出来ていないという結論に至りました。

日本が新卒偏重社会なのは、もともとワークスキルを重視しる風土があったからです。

ところが欧米流人事制度や、コンピテンシー評価、絶対評価の普及により、あまりもジョブスキル志向になってしまいました。

新卒学生の30%が3年以内にやめている理由の一つに、自分らしい働き方=ワークスキルを発揮した仕事のやり方が出来ない人事制度・職場環境が、原因の一つにあると思います。

ホンモノの働き方改革は、個人の生き方の改革がベースになければいけません。

究極の目標は、個々人が幸せに働き、充実した一生を送ることにあるからです。

新たに部下を持つことになるリーダー層の方、どうも働き方改革が上手く進まないと感じている経営者の皆様に、新しい視点を提供できればと思います。
人気 Picker
これは保存版ですね。
聞けば「それはそうだ」と思うものの、実際の現場では目的と手段が入れ替わっていることは多いですよね。ここでいうジョブとワークが混同されていたり、ジョブの効率化=生産性の向上と捉えられているケースがとても多く感じられます。

生産性が落ちている現場では、ジョブ自体に無駄なものも多く、それ自体をやめた方がいい場合もありますよね。でも、そのジョブをちょっとずつ早くする技みたいなものを一生懸命磨いていたりすることってありますよね…。

以下引用
「ワーク」とは、個人が持つ才能を活かしてできること、「ジョブ」とは、個人の特性に関係なく割り振られた仕事、と考えています。 そして「ジョブ」を重視すると、生産性はがた落ちになると思っています。
個々人の適正に合った「ワーク」をどれだけメンバーにアサイン出来るかが、マネージャーの腕の見せどころ。
使いたい!と思う武器を揃える(^^)